アンチジャスティンをファンに変える13の理由

はじめに

なにかとお騒がせもののジャスティンビーバーは、彼の言動故に最も嫌われているセレブリティにも選出されアンチもいますが、ジャスティンのことをもっと知ればジャスティンのファンになるかもしれません。今回はジャスティンの嫌われる理由ではなく、ジャスティンのファンになる理由をまとめてみました。



※海外サイトからの引用を翻訳したものなので、著者(僕)の意見は一切含まれてません。

ジャスティン好きです。

ジャスティン・ビーバーのファンになる12の理由

ドレイクの助けもありますが、事実彼は彼のマネージャーのスコットがジャスティンのビデオをYoutubeで見けたところから始まりました。

ジャスティンはハードワーカーとして知られていて、彼は曲を出し続けてツアーも積極的に行っています。

極寒の中でもしかしたジャスティンに会えるんじゃないかとうい期待をもちジャスティンを待ち続けたファンにジャスティンはレイズのピザを買うとうい粋な計らいをみせました。

 

コンサートで街にいるとジャスティンはグアテマラのジャングルにあるコミュニティを助けるためにそこへ行きました、そこで彼が見たものをビデオに撮りました。彼はチャリティについて『これは僕のためなんだ、チャリティーをして人を助けると僕が幸せになるんだよ』と語りました。

ジャスティンはツイッターなどを広告としてだけではなく、ファンとの交流の場としても活用しています。DMでもファンとのやりとりをやっているのは、彼のファンに対する愛情の現れでしょう。




ジャスティンは歌うわけではなく、ダンスもします。Believe Tour showsに行った人なら言うまでもなく彼のダンスのスキルを知っているでしょう。

ドラムもうまい!ジャスティンは歌ってドラムをするビデオを投稿しています。

2012年のバレンタインデーにジャスティンは腫瘍に苦しむ6歳の女の子のところを訪れました。その後彼は、度々彼女のところを訪れて、その歳には彼女をニューヨークに観光にも連れて行きました。彼女はその年に亡くなりましたが、彼女はミス・ビーバーとして知られています。

彼はツイッターで『もし、チケットを買い損ねたら、他のツアーに入る道を見つけて』とツイートして、チケットを買えなかったファンに『買えなかったなら、ツアーに入る他の方法を探せ(もぐりこみ)』を伝えました。

彼は最近swagというスラングを使うのをやめました。ちなみにswagは若者の間でよく使われるヒップホップSTYLEのスラングです。ファッション関連にも使われます。

 

大きな被害がトルネードによってオクラホマにもたらされた時に、そこのファンにチケットを渡し、災害によって傷つけられた心を傷をいやそうとしました。

ジャスティンはPencils of Promise(学校を作る機関)に寄付をしています。彼は子供のより良い教育のために寄付をし活動しています。

彼はウィル・スミスと仲がよく定期的に集まってお互いの近況を報告し合っています。ジャスティンは『彼は僕のために時間を使ってくれてとても彼には感謝している』と語りました。





 

最後に

tumblr_static_wngvawdnlr4kg0c4k04ck8kk

どうでしたか?あなたが知らないジャスティンがここにはあったと思います。彼は言動はともかく、本当はファンや子供を大切にするヒーローです。ニュースや報道で紹介されるやんちゃジャスティンは、実は心優しいジャスティンの裏返しかもしれません。スターは時には自分のプロモーションや宣伝のために派手なことをしたり、少しはめを外してしまうことがあるかもしれませんが、本当はその中に秘めている優しさや気遣い、感謝の気持ちを今回はこの記事を通して知ってもらえたら良いと思います。

The following two tabs change content below.
チップス

チップス

チップス19歳。高校留学を経て4年生海外大学へ進学が決定。 好きなものは、サッカー、テニス、カラオケ、タイフード、fruit loops。とにかく何か新しいことに挑戦してい毎日です。 主にこのサイトの主な管理者です。

コメントを残す