【使える英語表現】Watch out!の意味は?

英語で危ないと言う方法を紹介します。これは実用的な表現で様々な場面で役に立ちます。

 

C_WATCH_OUT_logo_01

 

今回の英会話表現は、

危ない!!

です。

どの言語にしても、生命に関わるような警告の言葉は必須です。

今回の例で言えば「危ない!」ですが、

これを英語では、

Watch out!

と言います。

「外を見ろ!見なさい!」という意味ではありません。

英語において危険を伝える、もっとも一般的な警告英語ですね!

危険度、緊急度は、ケースバイケースですが、

バロメーターとして、声の調子や大きさで、判断可能です。

言われたら、とりあえずは、動作を中止するか、

車などを運転している場合は、停車した方が無難です。



他の英語表現としては、例えば、

Look out!
Watch it!

または、後ろから危険が迫っているような場合は、

Behind you!

となりますね!

この場合は、後方を振り返って、状況を確認する必要があります。

車校などでは、例えば、

You didn’t look behind you! You gotta look behind you when you change lanes!

「後ろを見なかったな!車線変更のときは、後ろを見なきゃ駄目だ!」

などと使われるかもしれないですね!

危険な表現ほど短く、今回の場合では、全て2語ですね。

とっさに言えるように、覚えておいて下さい。

おすすめの日常英語表現の本はこれだ!!

僕は実際にオーストラリアに留学した時に買っておいて良かったと思いました。朝起きてから家に帰って寝るまでの英語表現が収録されています。CDも付いていてより効果的に表現を覚えて、実際に使うことを考えて作られている本です。






 

 

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。