【注意!】外国だと手を上げるだけで犯罪になる?ナチス扱い!?

外国に言った時に気をつけたいこととして手を方法があげられます。間違えるとナチス扱い、、、、

手をあげるときは日本ではこのように手をあげますよね。学校やレストランで定員に注文をする時に、『すいませーん!』という感じで使いますよね。しかしこれはドイツやオーストリア、一部の国ではタブーとされています(特にヨーロッパの国)。

 

なぜ?

実はこれはナチスの敬礼に似ており、ナチスを連想させてしまうのです。オーストリアやドイツでは、右手を掲げたハイル・ヒトラーの敬礼ポーズは禁忌中の禁忌。実際これをやったがための逮捕者も出ているので、旅行者と言えど知らなかったでは済まされません。公共の場では、たとえ冗談でも決してしないようにして下さい。

hitler2

ナチスとは?

《Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterparteiの略称ナチ(Nazi)の複数形》ドイツの政党、国家社会主義ドイツ労働者党の略称。また、その党員。1920年ドイツ労働者党を改称して成立。翌年以降ヒトラーを党首とし、1933年に政権を掌握。反民主・反共産・反ユダヤ主義を標榜して、全体主義的独裁政治を推進。また、ベルサイユ体制の打破をめざして再軍備を強行、第二次大戦を引き起こし、1945年に敗戦とともに崩壊した。

 

どうやって手をあげればいいの?

人差し指意外を軽く曲げて手をあげましょう!

raising-hand

ちなみに、、

ドイツではナチスの格好をしていたり、「ハイル、ヒトラー!」などと叫んだりすれば、最悪逮捕される可能性があります。

「郷に入らば郷に従え」というのもかんたんなことではありませんが、外国に行くときは相手の文化や風習を尊敬することが大切です。レストランなど公共の場では、ちょっと気を使っていつもの様に手をあげるのを我慢して人差し指をたてて手をあげましょう!

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す