【使える英語表現】By a trainそれともBy train?

ここでは、byを使う時に「a、the、my」などが必要かを解説します。実は必要な時と、必要ない時の2種類がありますので、その違いを分かりやすく解説していきます。

4ga0326farehikemurray-1b4c7bbf04b4f9dd

2種類のbyの使い方

乗り物を表現する時に、by を使う言い方はご存知だと思います。
ただ、下記のように、a、the、myなどが必要な時とそうでない時があります。

1.I’ll go there by car. 車でそっちに行くよ。
2.He was hit by a car. 彼は車に轢かれた。

なぜ、片方はaが入ってるのに、もう片方は要らないのか?
それには、どう使ってるかに違いがあります。

移動手段の場合

例えば、1のように単なる移動手段として答えるなら、a the myなどは要りません。

I want to go to Tokyo by ship.
船で東京まで行きたい。

It takes 20min by bus.
バスで20分かかるわね。

You can come to my house by train.
電車でうちまで来れるよ。

<受け身などの場合>

上記の移動手段以外の場合は、a the myなどを付けます。

One person was hit by a train.
1人が電車に轢かれた。
のように、移動手段ではなく、「ひかれた」のように受け身として使ったりなど、こういう時のbyにはa the my などを付けて話します。

というわけで、使い方理解出来たでしょうか。

おすすめの日常英語表現の本はこれだ!!

僕は実際にオーストラリアに留学した時に買っておいて良かったと思いました。朝起きてから家に帰って寝るまでの英語表現が収録されています。CDも付いていてより効果的に表現を覚えて、実際に使うことを考えて作られている本です。

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。