【使える英語表現】海外のスーパーで袋をもらう時の英語表現

今回紹介するの英会話表現は、プラスチックです。日本語ではプラスチックのゴミ袋はポリ袋と呼ばれていますが、英語ではどうなのでしょう?

thinking_businessman

紙袋に入れる?それともポリ袋?

これを英語では、

Paper or plastic?

と表現します。

買い物などの会計時に、

Plastic?

と一語で聞かれた場合は、

「カードでお支払ですか?」

となるので、若干紛らわしい感はありますが、

Paper or plastic?

と二者択一で聞かれているような場合は、

Plastic は「ポリ袋」としての意味ですね。

この英語表現は、それぞれ後ろに、bag が省略されています。



答え方は、

Paper, please.「紙袋にして下さい」

Plastic, please.「ポリ袋にして下さい」

必要のない場合は、

No, thanks.

ですね。

聞き取れなかった場合でも、遠慮することなく、

Excuse me?

と堂々と言えば、

Paper or plastic?
Would you like to paper bag or plastic bag?

などと言い直してくれるので、一度で全てを聞き取れなくても
まったく問題ありません。

むしろこれだけグローバル化している時代において、
一度で聞けとれない事の方が多いのです。

堂々と接していきましょう!

おすすめの日常英語表現の本はこれだ!!

僕は実際にオーストラリアに留学した時に買っておいて良かったと思いました。朝起きてから家に帰って寝るまでの英語表現が収録されています。CDも付いていてより効果的に表現を覚えて、実際に使うことを考えて作られている本です。






 

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。