外国人が引いている、、、日本の仰天フード

近年注目されている日本食ですが、寿司のようにすべてが高く評価されているわけではありません。中には外国人が仰天する様な日本の食べ物もたくさんあります。

baby-1-1

イナゴ

51J2TSSdWjL._SY355_

日本でも長野県をのぞいては一般的ではありませんが、外国人からしたら『日本人は虫を食べるのか!』ととても驚いているようです。

実は食べたことない人多いんですけどね。。笑

ごぼう

kisetsu_26

ヨーロッパなどではごぼうを食べると言うことが少なく『日本人は根っこを食べているのか、、』と言う人もいます。

ふぐ

download (1)

ふぐは猛毒を持っていて非常に危険です。しかし日本ではそれを食べるために毒袋を取り除くといった日本人の努力に驚いている外国人も多いそうです。

活造り

menu_001_002

新鮮さ抜群の活造り。新鮮さが命の日本食ならでは料理です。しかし、バラバラの刺身が動いているのを見る外国人の中には残酷、かわいそうなどの意見を持った人もいるようです。

生魚

sakana

ほとんどの国では元々魚を生では食べていませんでした。今は寿司は日本を代表する料理にあり、世界でも人気です。そのおかげで、生魚に対する世界の警戒は薄れてきましたが、今でも魚を生で食べることを嫌う人もいます。魚が新鮮なうちに消費される日本ならではの食べ方と言えばそうですよね。

おから

1823_0_0

豆腐を作ったかすを料理にして食べることも海外の人から見るとちょっと特殊なようです。日本のもったいない文化が生んだ料理ですね。

日本のシーフード

14761495373_54e2b96417_o

『日本人はなんでも食べるのか!』と思った外国人も少なくはないです。日本人は海の恵みを最大限もらって生活しています。日本ではたこもウニもイカもすべてが大切な食材です。特に外国人で魚卵が食べれない人は結構多いです。

海外の人の中には見た目がグロテスクなためこういったものを食べない人もいます。

 

まとめ

外国人からすると『日本人はいろいろなものを食べている』と思われることもすくなくはありません。しかし、寿司のようにこれらの食材が今世界で認められ杳として来ています。

世界の人々がお互いの食文化を尊重し合い、よりおいしいものを世界で追求していけるようになると面白いかもしれません。

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。