【使える英語表現】ちょっといい?は英語で?

ちょっと用事があったり、友達と話したい時に、英語でなんていうかわかりますか?

larger

今回の英語表現は

ちょっといいかな?

です。
大学のキャンパス内やどこかで友達と会った時に、ちょっといい?と言って会話を始めることができます。

これを英語では、

Could you spare a minute?

です。

発音は、

『クッヂュースぺァぁミニッ』

で、「ス」と「ミ」にアクセントを置くと英語らしくなります。

日常会話においてよく使う表現で、

spare というのは、この場合は「割く」、「(時間)分ける」

という意味ですね!

ほとんどの場合、丁寧表現としての Could を使います。

相手の時間をもらうわけですので、あくまで丁寧に、ですね!

発音は、「C」の発音を意識して、

何か重い物を持ち上げる際についつい発してしまう、

あの「クッ」という息がもれる感じで、です!



▼他のちょっといいかな英語表現を見てみる

他には、例えば

Do you have a minute?

は観光地などでもフレンドリーな感じでよく使われますし、

Can you make some time?

May I bother you a moment?

なども同様の意味ですね!

日本語での

「ちょっといいかな?」

は英語で読んだ方が実はわかりやすかったりしますね!

英会話の切り出し表現として是非、覚えておいて下さいね!






The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。