行ったら絶対飲もうオーストラリアのビールまとめ

オーストラリア、にはたくさんのビールが存在します。地位域によって異なったベイールを販売していて場所によってはその地域に移民してきた人々のバックグラウンドがビールに受け継がれることもあります。

beer

XXXX (フォーエックス)

XXXX - Gold

クィーンズランド州を代表するビールです。結構苦みがある味わいですが、意外に後をひきません。アルコール度数は3.5%です。

XXXX サマーブライトラガー 天然ライム果汁入り(XXXX Summer Bright Lager With Natural Lime)

XXXX Summer Bright Lager With Natural Lime

非常にフルーティで、かつボトルやラベルのデザインも、明らかに女性を意識したビール。低炭水化物ビールでもあります。(通常より25%少ない)ライムが強くて、スルスル飲めてしまうビールです。XXXXのハードなブランドイメージがちょっと変わるビール。アルコール分4%。

VB(ヴイビー)

VB

ビクトリア州のビールですが、オーストラリアでもっともポピュラーなビールの一つです。XXXXよりも苦みはないですがその分まろやかなコクを感じます。アルコール度数4.9%です。




トゥーイーズ ニュー(Tooheys NEW)

Tooheys NEW

ニューサウスウェールズ州を代表する、いやシドニーを代表するビール。洗練されたなかにどこかラフな、開拓者のような味わいがあります。アルコール度数4.6%。

カスケード プレミアム(Cascade Premium)

Cascade Premium

個人的にもっとも好きなビール。タスマニア州を代表するビール。
濃いです。その割に後味すっきり。ちょっと変わった感じのフレーバー風味があります。
アルコール度数5%。

クラウンラガー(Crown Lager)

Crown Lager

自分の勤務先を含む、会社のクリスマスパーティや食事会などで、必ず出てくるビール。ビクトリア州のビール。
男女問わず万人受けしやすい、バランスのとれた味です。アルコール度数は4.9%。

レッドバック(Redback)

Redback元々南ドイツのビールを参考に作られたビールで、ウェストオーストラリア州で製造されているビール。値段はちょっと高め。

かなりドンとくるテイストです。アルコール度数4.7%。

エミュ(EMU Bitter)

EMU Bitter

これもウエスタンオーストラリア州で作られているビール。レシピは1923年以来変わっていません。苦みは結構あり、強いテイストです。アルコール度数4%。

カールトン ドラウト(Carlton Draught)

Carlton Draught

 ビクトリア州のビール。昔に比べてテイストが軽くなったと思ったのですが、アルコール度数が5%から4.6%に下がったからでした。(政府のお酒に関する税制変更の為)

軽い口当たりのいいテイストですが、それだけにお酒の弱い人は注意です。




レシャス ピルスナー(Reschs – Original Pilsner)

Reschs - Original Pilsner

ニューサウスウェールズ州のビール。意外に日本ビールに近いかもしれません。クラウンビールよりもうちょっとスマートな、バランスの取れた味。アルコール度数4.4%。

ブルータン(Blue Tongue Lager)

Blue Tongue Lager

 ニューサウスウェールズ州。これもすっきり飲みやすい、かつフレーバーの香りが少しだけ残る味。アルコール度数4.5%

メルボルン ビター(MELBOURNE BITTER)

MELBOURNE BITTER

 ビクトリア州。個人的に好きなラベル。カラーリングのコンビネーションがなかなかいい。味は、かなり苦いですが、猛暑の時にはスカッとします。アルコール度数は4.6%

ビーズ ニーズ(Beez Neez)

Beez Neez

ビクトリア州。少量生産のビール。ハチミツが原材料に含まれているのが特徴です。バランスの取れた味だと思います。ラベルの雰囲気がいいですね。

アルコール度数4.7%

XXXX (フォーエックス)ビター

XXXX Bitter

クィーンズランド州。普通のxxxx(フォーエックス)より苦みがあって、その割に後をひかない感じがします。アルコール度数4.8%。

ハーン プレミアム ライト(HAHN Premium Light)

HAHN Premium Light

ニューサウスウェールズ州。キンキンに冷やすとどこまでも軽いビール。アルコールに弱い人にはいいと思います。

アルコール度数2.7%

カスケード プレミアムライト(CASCADE PREMIUM LIGHT)

CASCADE PREMIUM LIGHT

 タスマニア州。ライトなビールなので、苦みはあまりきつくないです。すっきりした味わい。これもアルコールが弱い人にはお勧め。アルコール度数2.6%

ジェームス ボォグズ プレミアム(JAMES BOAG’S PREMIUM)

JAMES BOAG'S PREMIUM




 タスマニア州。フレーバーな甘い香りがします。するっと飲めてしまいます。苦みはそれほど後をひきません。面白いテイストだと思います。アルコール度数5%

カールトン ビター コールド(Carlton Bitter COLD)

Carlton Bitter COLD

ビクトリア州。ボトルのイメージのようにさわやかすっきりのビール。サクッと飲めてしまいます。アルコール度数4.6%

NT Draught (エヌティー ドラフト)

NT Draught

ノーザンテリトリー(NT)の、なんと2.25リットル入り瓶ビール。世界最大です。俗称では”Darwin stubby”と呼ばれています。(Stubbyとは、通常サイズのビール瓶(370ml)を指す言葉)

ピュア ブロンド(Pure Blonde Premium Mid)

Pure Blonde Premium Mid

 低糖質、低炭水化物だがコクとキレがある、クセのない万人受けしそうなビール。割とどんな料理にも合いそうです。

VIC州のビール。アルコール度数3.5%なのでスッと飲めます。

ストーンアンドウッド パシフィックエール(Stone & Wood Pacific Ale)

Stone & Wood Pacific Ale




 NSW州、バイロンベイのStone & Woodという醸造所が作っているクラフトビール。フィルターを通していないので、下の方にはオリが残っています。素朴な野性味を残しながらも、フルーティなアロマ、フレーバーの香りが飲む時に一瞬グッと来て、後で不思議な苦みが来ます。

家で飲むよりは、海で飲んだ方がいいビールです。アルコール度数4.4%

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す