絶対行きたい!オーストラリアおすすめ観光スポット10選

治安もよく,日本人観光客に人気の国,オーストラリア。美しいビーチ,雄大な大自然,そして可愛い動物たち!日本人の大好きなものが詰まった国であるオーストラリアで,おすすめの観光スポットをまとめました。

サクッとみたい方はこちら

1 ウルル(エアーズロック)

ウルル はオーストラリア大陸にある世界で2番目に大きい一枚岩である。ウルルは先住民であるアボリジニによる呼び名で、イギリスの探検家によって名付けられたエアーズロックも広く知られた名称である。

LXm5bm4m8Nc9E9S1468228786

 

【名称】 ウルル(カタ ジュタ国立公園) / エアーズロック (Uluru-Kata Tjuta National Park )
【住所】  Petermann, Northern Territory
【アクセス】 アリス・スプリングスから約45分、ケアンズから約2時間20分
(カンタス航空直行便利用の場合)空港からエアーズロックリゾートまで
無料シャトルバス有り(所要時間約15分)

2 オペラハウス(シドニー)

シドニー交響楽団とオペラ・オーストラリア、オーストラリアン・バレエの本拠地として定期公演も開催。そのほか、音楽や演劇、オペラ、コンサートなど、多彩なパフォーマンスが行われている。年間約3000のイベントが上演され、毎年200万人もの観客が訪れるまさにオーストラリアの芸術の拠点。劇場内部が見学できる日本語ガイドツアーもある。建築様式や完成までの歴史などを解説してくれるほか、バックステージを見学したり、ステージに上がれたり、舞台裏の細部まで見学することができる。

Joseph82 / Pixabay

 

【名称】 オペラハウス (Opera House)
【住所】 GPO BOX R239, Royal Exchange, Sydney
【TEL/FAX】 (02)92507111 / (02)92513943
【アクセス】 シティ・レールのサーキュラー・キー(Circular Quay)駅から徒歩5分
【駐車場】 有(有料)
【営業時間】 ブッキングオフィス:8時30分~17時30分(日曜は9~16時)
【日本語ツアー】 10時45分、11時45分、13時15分、14時、14時45分、15時30分、16時15分
【定休日】 なし
【年齢制限】 なし
【所要時間目安】 90分程度
【入場料】  大人:24AUドル、 日本語ツアー(約30分)の料金

3 ハーバーブリッジ(シドニー)

シドニーはシドニー湾によってシティー側とノース側にわかれていて、その間を結んでいるのがこのシドニーハーバーブリッジです。 シドニーハーバーブリッジは1920~30年代に不況対策の公共工事として造られました。 シングルアーチの橋としてはニューヨークにあるベイヨン橋より60センチ短い世界第2位の長さで全長は1149メートル、横幅49メートルの大きさであり、 シドニーのシティとノース・シドニーを結ぶ交通の要になっています。 ハーバーブリッジは1923年に着工して1932年に開通とその歴史が深く、2002年には開通70周年を迎えました。

bmac0 / Pixabay

 

 

【名称】 ハーバー・ブリッジ (Harbour Bridge)
【住所】 Harbour Bridge
【アクセス】 シティ・レールのサーキュラーキー(Circular Quay)駅から徒歩10分
【駐車場】 なし
【入場料】 無料
車で渡る場合は通行料要(シティに来るときのみ)

3 クイーン・ヴィクトリア・マーケット(メルボルン)

このマーケットで売られているのは野菜や果物などの食料品や、庶民的な衣料品や日用品などが中心。生鮮食品が充実しており、野菜や果物も安めで魚や肉の売場も活気があります。観光客の方には、マーケットが主催している市場内のツアーもあります(火・木・金・土曜日の10時から12時、$25)。また、フードコートは洒落た建物で、いろいろな国のカジュアル・フードが食べられます。

DSC05225

【名称】 クイーン・ヴィクトリア・マーケット (Queen Victoria Market)
【住所】 513 Elizabeth & Victoria Street, Melbourne, Victoria 3000
【TEL/FAX】 (03)93205822 / (03)93282710
【アクセス】 無料巡回トラム(CITY CIRCLE) LA TROBE ST. & QUEEN ST.停留所から徒歩3分
【駐車場】 なし
【営業時間】 6~14時(金曜は~17時。土曜は~15時。日曜は9~16時)
【定休日】 月・水曜
【休業日】 1/1、聖金曜日、4/25、11/6、12/25、12/26

4 セント・パトリック大聖堂(メルボルン)

聖パトリック大聖堂は、1848年に建設が計画され、1858年から80年以上の歳月をかけて建設、1939年に完成したカトリック教会。ピューリタン思想に影響を受けた荘厳な造りで、オーストラリア最大のゴシック建築でもあります。一歩足を踏み入れると、水が流れるような静かな音が響き渡り、モザイクの床、真鍮のパーツ、そして、ステンドグラスからの光がやさしく堂内を照らし、神聖な世界を演出しています。

St-Patricks-Cathedral-40011

【名称】 セント・パトリック大聖堂 (St.Patrick’s Cathedral)
【住所】 Cnr Gisborne Street & Cathedral Place, East Melbourne, Vic 3002
【TEL/FAX】 (03)96622233 / (03)96390987
【アクセス】 シティサークル トラム BOURKE ST.&SPRING ST.から徒歩2分
【駐車場】 なし
【営業時間】 9~17時  礼拝中は見学不可
【定休日】 なし
【入場時の注意事項】 カメラ持込可。ビデオ持込可。礼拝中、儀式中は見学不可。
聖堂内では静粛にすること。

5 ラウンド・ハウス(フリーマントル)

ラウンドハウスは、Henry Reveley によってデザインされ、1830年~1831年に刑務所として建てられました。この建物は、西オーストラリア州で現在残っている最も古い建物です。当初、この地域の植民地の中で、初めて永久的(仮設などではなく)に建てられました。

Round-House-29278

【名称】 ラウンド・ハウス (Round House)
【住所】 10 Arthur Head, Fremantle, WA
【アクセス】 フリーマントル(FREMANTLE)駅から徒歩5分
【駐車場】 なし
【定休日】 なし

6 ポート・アーサー流刑場跡(タスマニア)

ホバートの街から100キロ程離れた半島の辺鄙な地、聞いただけで罪人が震えあがるポートアーサー。
脱獄しても陸地つたいではイーグル・ホックネックと云う幅100mのとろこを通らなければならず、24時間多くの犬が番をしており、見つからずに通過するのは不可能と云われた。
海からは、南極海の冷たい水が待っていて、見張船が多くて折角泳いで脱出したものの、監視船に助けて貰うことになると云う。

789571-fremantle-prison

【名称】 ポート・アーサー流刑場跡 (Port Arthur Historic Site)
【住所】 Arthur Hwy, Port Arthur, Tasmania 7182
【TEL/FAX】 (03)62512310 / (03)62512311
【アクセス】 ホバートから南東100km、車で1時間30分
【駐車場】 なし
【所要時間目安】 4~6時間
【入場料】  大人:AUD 32.00、 子供:AUD 16.00 (こども:4~17歳)
半日~1日間有効のブロンズパス(ウォーキングツアー、ハーバークルーズ含む)

7 パロネラ パーク

この施設は1930年代にスペイン人移民ホゼ・パロネラによって建設された。小さな頃から『お城がほしい』と夢を見ていたホゼ・パロネラは、スペイン風の城と庭園を自らの設計で建設し、一般の人々に向けてオープンした。その後の数回にわたる自然災害や火災によって廃墟同然となったものの、その古代遺跡風の景観を生かして現在は観光施設として運営されている。

paronelapark

【名称】 パロネラ・パーク (Paronella Park)
【住所】 1671 Japoonvale Rd Mena Creek, Atherton Tableland
【TEL/FAX】 (07)4065-0000 /
【アクセス】 ケアンズ(Cairns)市内から車で約2時間
【駐車場】 有(有料)
【営業時間】 9時~19時30分
【定休日】 なし
【休業日】 12/25
【入場料】  大人:40AUドル、 子供:20AUドル、 シニア:37AUドル学生37AUドル
小人料金は5~15歳

8 ジャプカイ・アボリジナル文化パーク

ジャプカイ・アボリジナル文化パークは3箇所のシアターと1箇所の博物館があります。 カルチャー村や湖、レストランやギャラリー等の施設によって構成されています。 昼のジャプ・カイ・デイではアボリジニの文化体験を通してアボリジニーの事を学べます。 夜になると一転してアボリジニダンスショーやディナーショーが繰り広げられる賑やかな場所になります。 ジャプカイは熱帯雨林の人々という意味を持っています。 オーストラリアの先住民族だったアボリジニーの貴重な文化を勉強出来るだけで無く、夜はエンターティメントの場所となる施設です。

tjapukai1_m

【名称】 ジャプカイ・アボリジナル文化パーク(Tjapukai Aboriginal Cultural Park )
【住所】 Kamerunga Rd., Smithfield
【TEL/FAX】 (07)4042-9999 /
【アクセス】 ケアンズ(Cairns)から車で15分
【駐車場】 有(有料)
【営業時間】 9~17時
【所要時間目安】 3時間
【入場料】  大人:36AUドル、 子供:18AUドル
【定休日】 なし

9 グレート・バリア・リーフ

全長2,300kmに広がるグレート・バリア・リーフは、世界最大級の珊瑚礁群です。 豪華な旅でも、予算を抑えた旅でも、カラフルな海洋生物が多数生息するグレート・バリア・リーフは、人生観が変わる冒険になるでしょう。この 世界有数のグレート・バリア・リーフの楽しみ方はスキューバ・ダイビング、シュノーケリング、グラス・ボトム・ボート、ジェットスキー、半潜水船、ヨットなどの海からのアプローチに留まらず、空からのアプローチ、またはスカイダイビングも視野に入ります。

FraukeFeind / Pixabay

【名称】 グレートバリアリーフ(GREAT BARRIER REEF)
【位置】 クイーンズランド州北東岸のコーラル海に臨み、沿岸から20~260km離れている。
2000km以上に渡る大珊瑚礁地帯。
【アクセス】 ケアンズからグレートバリアリーフの主要な各島へは飛行機か船を利用。
ケアンズのほかタウンズビルやシュートハーバー等から行く島もある。

10 スリー・シスターズ(ブルーマウンテンズ国立公園)

絶景に圧倒されたら、乗るだけでも楽しい乗り物がそろったシーニックワールドへ。旧炭坑のトロッコを利用したレールウェイで最大斜度52度の斜面を急降下すると、そこはジュラ紀から続くシダの森。まるで恐竜時代のような気分で遊歩道の散策が楽しめます。さらに84人乗り大型ロープウェイのフライウェイで谷底から舞い上がったり、足元がガラス張りのスカイウェイで空中散歩。270m直下にはユーカリの樹海が広がり、ブルーマウンテンズの醍醐味が味わえます。

EBP10-84022A

【名称】 スリー・シスターズ (The Three Sisters)
【住所】 Blue Mountains National Park, Katoomba
【アクセス】 シドニー市内(City)から車で約2時間

 

いかがでしたか。オーストラリアは地域によって雰囲気も違い,観光スポットも見どころたっぷりの国です。もちろんコアラやカンガルーにも癒されたいけれど,それだけではないオーストラリアを,このおすすめ観光スポット10選を参考に発見しに行きましょう。

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す