外国人とつき合う時に覚えておいた方が良い3つのこと

外国人とつき合うのは大変なことです。日本人と付合うのでも相手を理解できずに別れてしまうこともあるのに、相手が外国人となれば文化も違うので相手と相手の文化の両方を理解しなければ行けないからです。

今回は外国人と付合う時に覚えておきたい3つのことを紹介します。良ければ参考にしてみてください。

文化の違いに対して寛容になろう

アンダーヘア

woman-1149910_640

欧米人女性はみんなアンダーヘアを剃るのが常識。日本での「普通」が海外では「非常識」、「信じられない」と思われているそう。ちなみに、アメリカ人男性曰く「下の毛が生えてるのは笑った時に歯クソがついているのと同じくらい男的にはドン引きするんだよね。」とのこと。

体系

woman-1149910_640

日本でいう『ぽっちゃり体型』の女の子を、日本よりも多くみかけませんでしたか? 皆さんの疑問、「海外と日本では、ぽっちゃりの基準が違うの?」はまさに正解です。欧米諸国のぽっちゃりの基準は、日本と一段階ずつずれているのです。

日本でいう『ぽっちゃり体型』が、普通の平均体型と考えていただくと分かりやすいかと思います。日本で痩せ型であれば、欧米で「あれ? ちゃんと食べてる?」と思われる体型に、日本でおデブちゃん体型であれば、欧米で「ちょっと、ぽっちゃりね」という認識なのです。特にアメリカではこんな感じに思われます



習慣

欧米では、クリスマスや年末年始は必ず家族で過ごすという習慣が根付いています。日本ではこのようなイベントは彼と過ごすのが当たり前。

2人にとって特別なイベントだと感じている女性が圧倒的に多いですよね?寂しい気持ちはありますが、全く違う文化でずっと暮らしてきた欧米人なら、あまりわがままも言えないかもしれません。

付き合うと、ここが面倒くさいかも

愛情を表現する

girl-1721432_640

外国人と付き合うことに憧れを持つ方は、I love youを毎日言ってもらえるような光景に憧れるようですが、これ、毎日となると結構苦しいです。なぜかというと相手も言ってくれますが、あなたも毎日言わなくてはならないからです。

親族との関係

日本では嫁姑問題がありますが、外国でも同じような問題があります。しかも、日本では双方の家族とは結婚してから付き合いが始まりますが、国によっては結婚する前の彼氏彼女の関係のうちから毎週家族で過ごすところへ連れて行かれることもあります。家族によっては他人種に対して厳しい態度をとってくるかもしれません。

日本・日本人との関係

bear-1272800_640

外国人のパートナーを持つと、日本人の友達との時間が圧倒的に少なくなります。相手の国のようにパートナー同伴で遊びに行くことが少ない日本では、今まで自分だけが自由に参加出来ていた集まりに行くのが相手に後ろめたくなったり、だからといって連れて行っても会話が成り立たなかったりすることで浮いてしまうことが多くなります。



乗り越えたい一番の壁・言葉

fence-1589985_640

また、言葉の言い回しや難しい例えなどは、外国人に正しく伝わるとは限りません。言葉の行き違いで、気持ちがすれ違ってしまう事の無いように、始めは正しく丁寧な日本語を心がけると良いと思います。

やはり最初の壁は「言葉」です。「外人の彼氏ができたら英語が喋れるようになりそう!」と、大きな期待を抱く女性も多いのですが、彼女に英語のスキルがほとんど無かった場合、その国の言語をマスターするには何年もかかってしまいます。
彼女に日常会話くらいの英語力がない場合
意思の疎通」が上手くいかず大喧嘩になってしまうことも…。
どちらか一方の言葉でばかり話そうとすると、コミュニケーションをうまく取れない場合に、どちらか一方にばかりストレスがたまってしまいます。

最後に

確かに外国人と付合うのはとても大変なことだと思いますが、それを乗り越えた先には本当の幸せがあるかもしれません。相手を理解して、気遣う気持ちさえ持っていればどこの国の人であろうと付合って一緒に生活することは難しいことではないのかもしれません。

下に関連記事を載せたので良かったら見てみてください!

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。