【使える英語表現】おわかりですか?は英語で?

わかっていますか?覚えていますか?知っていますか?これらの表現は特に大切な表現です。特にビジネスや契約などに関する会話では必須です。

should-i-trust-you

今日の英会話表現は、

おわかりですよね?

です。

『英語=コミュニケーションのツール』

というのは、あなたもご存じの通りです。

であれば、日々の話題の中でお互いが話の内容を
認識し合っているかどうか、

これは日常英会話だけではなく、特に
ビジネス英語などでは必須条件です。

例えば、商品を10個発注しているのと
100個発注しているのとでは、

同じ注文を受けている、でも全く違いますよね。

「昨日のメール、覚えてますよね?」

「経理の人、おわかりですか?」

「●●支社、ご存じですよね?」

などの確認表現を英語では、

Do you remember~?

で表現します。

「昨日のメール、覚えてますよね?」

「経理の人、おわかりですか?」

「●●支社、ご存じですよね?」

であれば、

Do you remember my e-mail yesterday?

Do you remember the accountant?

Do you remember the ●● branch?

という具合でそれぞれ置き換えることが可能です。

▼英語がうまくなる人の共通点

英語がうまくなる人は、日本語がうまい人です。

日本語がうまい人、というのは、

『難しい事を簡単な言葉に置き換えて話す事ができる人』

です。



例えば、小学校の先生などですね。

暗記力、というよりは、難しい事をかみ砕いて、咀嚼し、
別の言葉で伝えようとする事を普段から意識している、

というのが理由です。

時間をかけて英語を覚えれば、英会話はできるようになる!

というよりも、

つまってしまっても、すぐ別の言葉で伝えようとする、
伝えられる力の方がはるかに重要ですね!

普段の英会話に少しだけ意識してみて下さい!

おすすめの日常英語表現の本はこれだ!!

僕は実際にオーストラリアに留学した時に買っておいて良かったと思いました。朝起きてから家に帰って寝るまでの英語表現が収録されています。CDも付いていてより効果的に表現を覚えて、実際に使うことを考えて作られている本です。






The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。