無料で留学?学費タダの無料海外大学まとめ

留学と聞くとアメリカやオーストラリアなどの英語圏が思い浮かぶと思います。しかし、基本的に英語圏の大学は学費が高く、留学のハードルが自然とあがります。しかし、ヨーロッパには無料で行ける大学があるのです。

1093827


ヨーロッパの大学には英語だけで受けられるプログラムがあり、英語だけでもOKです。ヨーロッパでは大学授業料無償化を行っているところがあり、大学がタダです。中には学生や留学生に対する手厚いサポートを行っている国もあり、日本やアメリカの大学より充実した環境で勉強できることがあります。

tXT9w5i
ドイツのいくつかの大学は学費を廃止して多くの国の生徒を受け入れています。

最近は少し生活に必要なお金の額も下がったようです。セメスターごとに手数料という形で1万5000円から3万円くらいかかります。この手数料を払うことで市内の交通機関を無料で利用できるようになっており、大学は学生を手厚くサポートしてくれます。

詳しく見る

p1pMuG8l
ノルウェーは授業料をすべての学生に対して無償にして、多くの学生を世界から受け入れています。セメスターごとに日本円で1万円あたりの手数料が必要です。少数の大学は学費が無償ではないものの、留学生だから現地の学生の2倍3倍学費を払わないといけないということはありません。

就労は週に20時間まで許されているので、選択肢も増えますね。

main35
フィンランドでの大学学費無償かは数年前に行われ、留学生に対する授業料の徴収がなくなりました。それと、フィンランドでは大学生に助成金というかたちでお金の補助を行っており、日本円で約4万円前後が毎月受け取れるということです。

shutterstock_209902795-1

アイスランドでもまた授業料がいりません。しかし別途登録料として少しお金を払う必要があります。

 

注意点

•最近はヨーロッパや欧米でテロ事件のが増えているので、注意する必要があります。

•治安は悪くはありませんが、それでも夜に一人で出歩くのは危険なので控えましょう。

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。