【使える英語表現】声をかけてくれてありがとう!は英語で??

留学すると、最初は周りに友達がいなくて、すこし声をかけられるだけでも、うれしいですよね。今回はそんな時に使える、表現の紹介です。

Young Man Laughing --- Image by © Royalty-Free/Corbis

紹介する表現は、
“声をかけてくれてありがとう”
です。” 話しかけてくれてありがとう”という時にも使えます。

Cheering friends watching television

使い方は、日本語同様、誘ってくれた事に対してのお礼表現ですね!

これを英語では、How kind of you to ask.です。



アクセントは、

kindask 部分に、です。

この表現の良いところは、声をかけてくれた内容に対して、Yes, No に関わらず、まずはお礼を言うことで、例え、No であっても相手に不快な思いをさせず
にすむ、という点ですね!

つまり、No の場合は、

  • How kind of you to ask but +理由~

でやんわり断ることが出来る表現になるという事です。

そういう意味では、

  • I wish I could.(できればそうしたいのですが…)

に近い表現ですね。特に女性は覚えておくと良いかもしれません。

おすすめの日常英語表現の本はこれだ!!

僕は実際にオーストラリアに留学した時に買っておいて良かったと思いました。朝起きてから家に帰って寝るまでの英語表現が収録されています。CDも付いていてより効果的に表現を覚えて、実際に使うことを考えて作られている本です。

この表現を使い、友達に友好的な態度を示しましょう!そうすることで友達とちょっとした会話をすることが日常的なことにすることができるでしょう!







The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。