英語の曖昧な挨拶

英語圏へ言った事のある人なら、耳にしたことのあるような学校では、習わない英語の挨拶を紹介します。

az1000-657x360

How are you?

一番皆が知っているのはこれですね。『調子はどう?』なんてニュアンスですね。im fine. goodなどと答えてもいいし、ここから実はこないだ。。。なんて世間話を初めてもいいです。

How are you doing?

これもhow are youと同じニュアンスです。受け答えもhow are you?と同じ感じで答えられます。how you doingとareを省略して、言われたり書かれたりもします。

What’s going on?

これは『なにしてるの?』というニュアンスで、答え方は様々です。not much(特になんもしてないよ)、just on the wat to〜(〜にいくところだよ)、just drinking a beer(ビール飲んでるだけだよ)と答える事ができます。

What’s up?

これも『調子はどう?』と同じニュアンスです。ほかにも『What’s new?』などがあります。

How’s~

これは相手以外のことを尋ねる時に使います。例えば、『How’s your sister?』これは『妹さん元気?』というニュアンスになります。

Long time no see

これは相手と久々にあうときに、『おぉー、久しぶり!』のような感覚で使います、結構便利です。ほかにも『It’s been a while』『It’s been ages』『It’s been forever』などがあります。これにはsince we last met『最後あったときから』という意味が省略して入っています。

Hey buddy!

日本語では『よう!』みたいな感じです。特にbuddyのところは意味がなく、友達に使う言葉です。日本語にはないですよね。。(よう、兄弟!なんて誰もつかわないし。)ほかにもにたような表現があり『bro』『mate』『dude』『man』などがあります。

 

さあ、皆さんはいくつ知っていましたか?今まで使ってきた英語にちょいプラスで楽しい会話をしましょう!特にbuddyとかbroとか使ってみるといいかも!?ほかにも英語には同じ意味のフレーズがたくさんあるので少しずつ紹介していきたいと思います!

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。