【保存版】留学にはどんな種類があるの?すべて調べてまとめてみた

留学したいけど、費用が高いからなかなか留学に踏み出せない人も多いのではないでしょうか。今回は限界まで安く留学する方法を紹介したいとおもいます。

はじめに

はじめに、あなたの留学の目的を考えましょう。自分の目的に対して間違った留学を選んでしまうと、余計に費用や、労力がかかります。

留学の方法とは以下の様なものがあります。

  • 海外の学校へ直接入学する(高校・大学)
  • 日本の学校から海外の大学へ留学する(高校・大学・大学院)
  • ワーキングホリデー(語学学校)
  • インターンシップ(語学学校)
  • 専門的な技術を身につける留学
  • オペア・ホームステイ(*語学学校)

目的には以下の様なものがあります。

  • 英語力を上げたい(日常orアカデミック英語)
  • 日本より進んだ勉強をしたい
  • 海外で働いてみたい
  • 海外での仕事を経験したい
  • 海外の生活を体験したい
  • 専門技術を身につけたい

まず留学を志す多くの人の目的は英語力の向上だと思います。留学とは基本的に学費、滞在費、食費、光熱費などすべて時分持ちなので当然費用は高くなってしまいます。

平均留学費用の総額がこちらです。

  • 短期留学:2週間20~30万円
  • 語学学校:12週間 アメリカ60〜80万円 カナダ40〜70万円 イギリス50〜90万円 オーストラリア40〜70万円 ニュージーランド40〜50万円
  • 大学留学高校留学(英語圏):年間で200万〜355万円
  • 大学留学:年間200~400万円
  • 大学院留学:年間200万〜600万円
  • ワーキングホリデー:年間80~120万円
  • インターンシップ:月額5〜10万円
  • 専門的な技術を学ぶ留学:年間260~390万円
  • オペア留学:月額3〜8万円

それぞれの留学の目的

高校留学

High school students using digital tablet at lockers

海外で生活し、現地の生徒と勉強することにより、語学力だけではなく、国際的な考え、対応力、コミュニケーション能力などを高めることができます。日本の教育とはことなり英語圏では多種多様な教育を行っているので自分の新たな可能性を見つけることができます。海外大学への進学も視野に入れやすくなります。学校で勉強するのでそれなりの英語力は必要です。

Graduates walking towards future

英語圏の大学では多国籍な生徒層が売りで、そこに混じり学ぶことでグローバルな視野を身につけることができ、自主性も養われます。日本より、良い設備が大学にそろっていることが多く、集中して質の良い授業を受けることができます。日本には少ないリベラルアーツ大学も多くあるので、そこで学びたいという学生も多く海外の大学へ留学します。大学の授業を理解するためのアカデミックな英語の知識が必要です。

大学院留学

a-college-graduates-guide-to-starting-a-career1

日本より充実した設備、指導の中に身を置き研究できる環境が整っています。グローバルなコネクションを作ることができ、就職や将来の可能性がグンと広がります。英語力はかなり必要になり、論文など文章を正しく書く知識が必要となります。

短期留学

england_bournemouth_beet_activity

短期留学とは学校の休み(夏休みなど)を利用して留学することです。語学だけではなく、たくさんのアクティビティがあり国際色豊かなメンバーと時間を共有することができます。長期留学や海外学校への進学の第一歩となるかもしれません。しかし、英語力を上げることにはあまり適した留学方法ではなく、1ヶ月や2ヶ月だとなかなか成果を出せないというのが現状です。英語力があまり必要ではありません。

語学留学

german_school_05

ここでは長期の語学学校での留学を意味します。長期に渡り語学学校で英語を学習することにより、高度な英語を身につけることができます。大学進学への準備として留学するプランもあり。学んだ英語を使い、仕事に生かしたり留学する人が多く通います。入学時にレベル分けをされるので英語力はあまり問われません。

ワーキングホリデー

maxresdefault

ワーキングホリデーは、働く、遊ぶ、学ぶの3つを同時に可能にした留学です。海外で1年間仕事をしながら語学学校へ通います。多くの人は1年の前半を語学学校に通い、その後は仕事、遊びに集中します。最短期間は定められていないので意外と自由に期間を設定することができます。英語力の向上といった面ではあまり効果はありません。多くの人が日本人経営の飲食店に勤務するので、英語があまり必要ない環境での仕事になるからです。しかし、現地のオーナーが経営しているところで働くこともでき、努力した分だけ英語も上達するという傾向が大きくみられる留学方法です。英語力は就職先によってことなります。

インターンシップ

dream-job-1

海外の企業で一定期間働くという留学で、英語力はかなり必要になります。語学学習を行っているとこもあるのでそちらの場合、必要英語力のハードルは落ちますが、それなりの英語力が必要となります。

専門技術を学ぶ留学

img_01

これは日本で言う専門学校や、専門的な技術教育を行っているところで学ぶ留学です。日本では学べないこと、取得できない資格を学びに行くケースが多く、就職に直結する場合が多くあります。英語力は必要とされますが条件的にはあまり高くはありません。

オペア留学

p23616

オペア留学とは、ワーキングホリデーの様に働きながら留学するのですが、実際に現地の家庭でホームステイをしながら働くというものです。多くの場合は子供の世話を任されます。なので、料理が出来る、運転免許を持っているなど、英語以外のことが問われることが多いです。ホームステイしながら働くので、通勤や面倒なことが少ないのがこの留学の利点です。家族とも仲を深めることができまるため第二の家族をもつことができます。

 

留学は目的に合わせて選ぶのが一番大切です。以上が留学の種類についてでした。留学方法は身長に選ぶことが留学成功への鍵です!!

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す