オーストラリアに行ったら食べたいもの10選

オーストラリアではたくさんの種類の料理が食べられます。

しかしこれといってオーストラリア料理や有名な食べ物を思い浮かべることができる人はそんなに多くないと思います。今回はそんなオーストラリアの食べ物を紹介します。

basic food groceries in front of australia national flag

オーストラリアはオーガニックフードなど相当食材には力をいれています。新鮮でおいしい食事にあふれています。

しかし、実際現地のオーストラリア人に『オーストラリアの料理を教えて!』ときいても、『これ!』と言うものはなかなかでてきません。

今回は知名度は低いものの『オーストラリアに行ったら食べたい!』と言う食べ物を紹介していきます。

フィッシュ アンド チップス

T&T-fishchips-oldbrownshoe

これはオーストラリアと言うよりは、イギリスを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。特に違いはあまりありませんが、オーストラリアでは古くから愛されている料理です。

実際には名前の通り本当に揚げ魚とフライドポテトなんですけどね笑

本場の味を楽しみたい!というかたはぜひ

ミートパイ

Vegan_Meat_Pie_01_Pengo

日本ではあまり有名ではないですがオーストラリアでは広く愛されています。小さいパイの中に肉とソースが入っています。日本で言う肉まんのようなものです。実際に中の肉も肉まんのようにソースと混じって少しドロっとした感じです。合わせるソースはケチャップかグレービーでもokです。 そのまま食べてもおいしいです。

日本でも最近ミートパイを売り始める店がオープンしました。

気になる方はぜひ行ってみてください。

 

Pie Face (パイフェイス)

所:〒150-0041東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ 1階

様々な肉料理

bbq_australia

オーストラリアでは様々な種類の肉を食べることができます。

例えば、、、カンガルーやエミュー、ワニやラクダなんかも、、

カンガルーの肉なんて、、と思う人もいるかもしれませんが、味は部位によって異なります。しかし、少し独特なにおいがするので、苦手な人はチャレンジはしない方がいいかもしれません。

オーストラリアでは羊の肉もよく食卓に並ぶことがあるので、少しずつ違う種類の肉を食べられるようになると思います。

キャメルバーガー(らくだ肉)なんてのもあったりして、、

 

ヌテラ

Italian chocolate maker Ferrero SpAこれは結構日本でも名前が広がって来ているかもしれません。パンにつけるソースでねっとりとしたチョコレートのような味です。(厳密に言うとチョコレートとも少し違っている)

ヘーゼルナッツの風味がきいていてとても滑らかな味です。

しかし、万人に受け入れられる味だと思います。特に子ともには大人気で、お母さんが子供が食べ過ぎないように隠してしまうこともあります笑

しかし、食べすぎで太ってしまうなんてこともあるので気をつけてください。

 

ベジマイト

vegemitedramagirl11

チャレンジ好きのあなたにはもってこいです。

見た目はヌテラと似ていてチョコレートの様なのですが味はしょっぱく、みそと醤油を混ぜて濃縮した見たいな感じです。

意見が分かれてオーストラリア人でも嫌いな人もたくさんいます。イギリスなどにもマーマイトなど似た様なものがあります。

食べ方は基本はパンにつけて食べます。多くの人はベジマイトをつけすぎてしまうので、あまりおいしくは食べられてないのですが、パンをトーストして、バターを塗りその上からベジマイトを塗ると結構おいしいです。

しかし、においも独特で結構いやがる人もいます。

 

ソーセージロール

AJT6T1_2400352b

パイ生地で中の肉や野菜を混ぜたものを包んだものでこれもオーストラリアでは広く愛されています。

少しミートパイと似ていると思う人もいるかも知れませんが、中に入っている肉が水分をあまり含んでおらず、パイのさくっとした食感がより楽しめます。

ユーロス(Gyros)

chicken-gyro

これは元々はギリシャの食べ物ですが特にギリシャ移民が多い地域にはユーロスを売るレストランやファーストフード店がたくさんあります。

ケバブに似ていると言えばわかりやすいかもしれません。10$前後で帰るので、安くておいしいを求めている人にはもってこいです。

 

スニッツェル(Schnitzel)

schnitzel

ドイツとオーストラリア発祥の料理です。日本で言うカツレツの様なものです。

肉を溶き卵に潜らせパン粉をつけて、揚げます。しかし日本のカツレツを調理する時のように大量の油は使いません。

スニッツェルはほとんどの場合同じプレートに盛られてフライドポテトと一緒にでてきます。

 

パブロバ

crown_layered_pavlova_80809_16x9

これはメレンゲを焼いてカリカリにしたその上にクリームやフルーツをトッピングしたケーキです。中にアイスが入っていたりアレンジして自分の好みのケーキを作れます。

発祥はニュージーランドなのですが、オーストラリアでの知名度は高くみんなが愛するケーキです。

ほとんどクリームと言っても過言ではないので、カロリーには少し注意が必要です。

 

最後は、、

フローズンコーク

deal-mcdonalds-1-large-frozen-coke

です。すいません。最後は少しネタみたいになってしまいましたが、実はフローズンコークはめちゃくちゃおいしいです。

夏は猛暑、冬にも少なからずあついオーストラリアでは、やはり冷たいものが欲しくなります。しかしアイスは1つ300円もするし、、

でもフローズンコークなら大丈夫です。なんと1$!100円以下です。

ちょうどいい甘さと冷たいシャーベット感が体を冷やしてくれます。しかもシャーベットなのに炭酸がきいています。

オーストラリア(じゃなくてもいいけど)に行ったら試してみたいものの1つです。




 

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。