Visa、MasterCard、JCB あなたにおすすめのブランドとは?


すクレジットカードにはブランドというものがあり、それぞれに違った特徴があります。自分にあってものを選ぶ事で、お買い物をより賢くすることができます。

今回は国際ブランドのVisa MasterCard JCBの三つを比較します。

ブランドとは?

クレジットカードのブランドとは、クレジットカードの決済機能を提供している会社のことです。それぞれ店舗数やサービスが違い、自分の目的にあった、ブランドを選ぶことが大切です。それぞれの会社のロゴはクレジットカードの端に記載されています。

国際第五ブランド(VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Club)がありますがその中でも使い勝手のいいVISA・ MasterCard・JCBを紹介します

VISAカード

Untitled-19

VISAはValue Issuer Service Areaの頭文字を取ったものです、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたのがはじましです。国際決済業務では世界1位。VISAカードとは、VISAがライセンスを許可した会社が発行した会社で、VISAの会社自体ではクレジットカードを作っていません。

クレジットカードのほか、デビットカードやプリペイドカードもあります。

会員数は約180,000万人です。世界で最もシェアがあり、VISAカードを持っていれば海外に行っても安心して買い物ができます。

MasterCard

1aMastercard

MasterCardはVISAについで世界二位の規模を誇っています。

本社はアメリカで元々はヨーロッパ圏に強いとされていたのですが今ではシェアも世界全体にあります。

会員数は約97,000万人です。意外とVISAカードの会員数との差は大きいですね。

 

JCB

logo_img01

JCBは国内初の国際ブランドです。1961年創立の株式会社日本クレジットビューロー(JCB)が発行しています。国内ではシェアが多いですが、海外に行くとアジア圏意外あまり効果を発揮しません。しかし、海外では日本語サポートが受けられるなど日本人にとっては便利なブランドです。ハワイでも結構活躍します。

会員数は約7000万人です。AmericanExpressと提携しており互いの加盟店で使うこともできます。

 

国際ブランドを持つと、ほぼどこでも買い物ができるようになります。

 

まとめ

使いやすさはやはりVISAかMasterCardです。サービスで言うとこの中で一番秀でてるのはJCBでしょう。AmericanExpressも紹介はしていないのですがサービスは結構いいです。ホテルなどでの優遇などもあります。その点VISAとMasterCardはサービスが少ないです。オールラウンダーで特にこだわりがなく使いやすさを重視している人におすすめです。JCBは国内よりなので国内での優遇を受けたい、国産ブランドを使いたい、という人におすすめです。

個人的には全部持つ、というのも一つの手だと思います。カードによっては年間に会費がかかったり、保険がついているカードもあります。とりあえず1枚!という方には、僕は使い勝手のいいVISAカードをおすすめします!




 

The following two tabs change content below.
チップス

チップス

チップス19歳。高校留学を経て4年生海外大学へ進学が決定。 好きなものは、サッカー、テニス、カラオケ、タイフード、fruit loops。とにかく何か新しいことに挑戦してい毎日です。 主にこのサイトの主な管理者です。

コメントを残す