外貨両替では国内と国外どっちがお得!?

海外留学や旅行に行くとき、やっぱり現金もある程度持っていた方が安心ですよね。外貨両替と聞いて一番先に思いつく場所は、空港だと思います。しかし、国内で外が両替をして結構損をしている人も多いのでは!? 実は外貨両替は国外でやった方がお得なんです!

確かに国外で両替をすると英語を使わないといけないし、ちょっと難しそう….と思っている人もいるのでは?

日本の銀行・空港は手数料が高い

大手の銀行や空港で1通貨+10円、良心的と言われる大黒屋などの金券ショップでも+5円くらいの手数料を取られます。両替する金額が多くなるとこの手数料はかなり痛い。

一方、現地ではこの手数料を限りなくゼロに抑えることができます。

国外には、手数料なしの交換所がいっぱいある

IMG 3207

僕が知っているのはオーストラリア、韓国、台湾、中国、どの国にも街中にMoney Exchange(外貨交換所)がありました。しかも手数料があるとしても日本で両替するよりはお得です。(ユーロなどいくつかの貨幣は日本で両替をした方がお得になる場合があります。)日本にはほとんどありませんが、コンビニで両替することができたり、ちょっと街へいくと交換所があります。交換所のなかには”No Commission(手数料なし)”と書かれている所があります。ここはほぼ為替レートのままで両替してくれるので損がありません。

スーパーや大きなモールの中には大抵あります。(国にもよりますが…)



外貨両替をする時に使う英語講座!

英語講座と言っても覚えるのは基本的にこの2つ!
How much can I change Japanese yen to Australia dollar?”
と聞けば教えてもらえます。ついでに
No Commission?
と聞いておくと安心です。

知っておきたいまめ知識 : 知らなくて損するかも!?
交換所ではコインは両替をすることができません。なので基本的にお札だけ。これは場所にもよりますが、コインが出てくる両替の時に交換所がコイン分の端数を切ることがあります。
例えば…日本円15000→174.64オーストラリアドルの場合端数の4ドルを取られる場合があります。(経験上まれですが…)なので一応両替し多額を確認しておくと良いと思います。(実際は国によってまちまちなので100%は断言できません。)

さいごに

このカラクリの原理は簡単で、基本的に円がその国の貨幣に対して強い場合、その国で両替をした方がお得です。実はこれは逆にも働き、例えばユーロや米ドルなどの時は、現地で両替するよりも、日本国内で両替する方がお得になります。

英語に自信がなくても大丈夫です。最終手段は表示してある通貨を指で差しましょう。交換所の人も基本的に外国人になれているので、簡単な英語で話してくれると思います。

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す