【ベストセラー洋書】初心者におすすめ! 洋書『Happy People Read & Drink Coffee』を紹介!!

今回は書店で買った洋書『Happy People Read & Drink Coffee』という本を紹介していきたいと思います。

実はこの本はAmazonでも購入が可能なのです。ペーパーバックを買うことをおすすめします!安いですしね…笑

ページ数は約250ページなのですが、文字が少し大きいので実際の本だったら150ページくらいだと思います。2日で読めてしまったので少し物足りない感じもしました。英語も全然難しくないので、結構簡単に読めると思います。ラブロマンスみたいなのが好きな方にはおすすめかも!(そんなにラブロマンスでもないけど…)

初心者にもおすすめの洋書です!

ダイアンはパリで、Happy People Read & Drink Coffeeというカフェスタイルの本屋のオーナでした。完璧な生活を送っているようでしたが、それは突然終わりを迎えました。夫と娘が不慮の事故でなくなり、彼女の人生は一転します。世界が終わりのようにみえ彼女は、自分の店を閉め、自分の世界に閉じこもってしまうようになります。

1年後。彼女はパリからアイルランドの小さな待へ移ること決め、そこでたった一人で自分の人生の再建を決意します。しかし、彼女はエドワードという凛々しいのですが少し気難しい写真家の男に出会います。彼女はそこでエドワードと恋に落ちます。ダイアンはエドワードと出会い、幸せと強さを知り、自分自信をもう一度愛せるようになります。

しかし、ある日、彼女はエドワードを置いてパリに帰る道を選択します。いったいなぜ….

冒頭は彼女が鬱状態になっているところがメインで描かれています。夫と娘が亡くなり、やる気をなくしたダイアンは自堕落な生活を送っていました。そんな彼女がある日、アイルランドに行くことを決意します。実はアイルランドは昔夫が行きたがっていた場所で、彼女はそこで新しく生活を始めることを選びます。街を歩いている中、大家であるアビーという女性とすれ違い家へ招かれます。

家へ行くと隣に小さい家がありました、ダイアンは空き家だと思っていたのですが、実はそこにはエドワードという写真家が住んでいました。彼は気難しく、関係はギクシャクするのですが、彼はある日彼女にある景色を見せたいと行って彼女を島へ連れて行きます。そこで過ごした数日はダイアンのエドワードに対する気持ちを変えました、加除のはエドワードのことが好きになり彼らは恋に落ちます。

しかし、ある日ダイアンはエドワードの秘密を知ってしまし、絶望してしまいます。しかし、実はエドワードにはかなり複雑な事情があり彼女はそれを理解して行きます。問題は解決したように見えたのですが、ある日彼女は、フランスのパリに戻ってしまします。

感想

本屋でたまたま見つけて何となく買ってみたのですが、結構良い本だと思いました。自分はあんまりロマンスとか読んだことないんですけど、ロマンスって本でもないんだよな…笑 半ロマンスくらい?けど、彼女が立ち直って行く姿やアイルランドでの苦労など色々描かれていたので飽きることなく読むことができて良かったです!

 

The following two tabs change content below.
チップス

チップス

チップス19歳。高校留学を経て4年生海外大学へ進学が決定。 好きなものは、サッカー、テニス、カラオケ、タイフード、fruit loops。とにかく何か新しいことに挑戦してい毎日です。 主にこのサイトの主な管理者です。

コメントを残す