海外で必要な生活単語はこうやって覚える!

海外で生活をするとなると、日本の義務教育で覚えている単語の範囲では生活していけません。例えば、小麦粉を英語で言える人は高校を卒業した人だけの人では難しいと思います。大学卒でもなかなか言える人は多くはないでしょう。そんな身近な英単語を効果的に覚える方法を紹介します。

img_main04

 

まず、英語圏で生活するにあたって必要な単語は身の回りの単語です。それは大学受験でならう、intoxicatingやnobleと言ったわかりにくい単語ではありません。

身の回りの単語ですから、小麦粉引き算洗濯をするなどの本当に単純なボキャブラリーが海外での生活に必要なのです。特に名詞ですね。

名詞は日本語に直して覚えると言うのもありなのですが、そのもの自体が日本に存在しなかったり日本人には見慣れていないものの可能性もあります。

そんな時にはこの方法が効果的です。

絵本または絵付きの辞書を使う

古本屋で買える英語の絵本でもいいです。低年齢向けの本なら子供が知っている、つまり子供でも知っている単語が多くのっています。それを覚えるだけでも基礎的な英語力はかなりあがります。。

もっと効果的にやりたいのはピクチャーディクショナリーです。

これは大きな絵が一枚ありその中にたくさんの単語の絵が隠れていると言うものです。こんな感じです。

word-by-word-dictionary-77-638

より効果的に覚えることができます。これはアメリカでよく行われている方法で、アメリカは移民が多くその子供に英語を教える時にもよく使われる方法です。(セサミストリートも英語が母語でない子供の英語習得を助ける番組です。)

これは身の回りの単語を覚えるには相当効果的です。

 

英語から日本語に変換して覚える手間が省ける

englishwords-input-output-system

絵を見てそれを覚えるので日本語に変換する必要もなく、さらには会話中でも考える作業がいらないので、ぱっと頭から単語が出てくるようになります。

日本語にない単語も覚えられる

日本語にはないものも英語にはたくさんあります。例えば、デスクとテーブルなどは日本語では机で2つを呼び分けてはいません。(呼び分けの時は英語のtableを拝借していますね) そのような小さな意味の違いを絵を通して感覚で学ぶことができます。

必要のない単語はいったん後で

日本では親しまれているのに英語圏ではみんなが知らない様な単語もあります。例えば日本語の柿は英語ではpersimmonですが、ネイティブの中にもこの単語を知らない人はいます。 そういった今必要でない単語を後回しにして覚えることができます。

 

まとめ

こういう練習は日本の義務教育では行われていないので、文章を読む力と、実際に英語で人と話す力に差が出てしますのです。

自分の身の回りの単語を覚えることで会話の幅も広がります。このことを伝えたいんだけど肝心な英単語がでてこない。と言う時の多くの場合にその単語は名詞です。

実際に外に出て、街のものを英語で言えるかと言うと、半分も英語で言えないでしょう、家の中だとしても、高校の教科書には天井なんて英単語はなかなか出てきません。そんなところをうまくカバーしているのがピクチャーディクショナリーです。これをうまく活用するだけで英語のボキャブラリーが上がり、話題の間口が広がります。

良かったら参考にして試してください!

 

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。