meanの使い方 これで『わからない』が怖くなくなる!

meanにはさまざまな使い方があります。meanは日常会話では欠かせない表現です。

mean-daughter

 

1.わからないことをききたいとき

会話の中で一番良くでてくる表現です。多くの中のmeanの意味の中の一つはの『意味』相手が言っていることの意図をきいたり、自分が言っていることを訂正、強調することができます。

例えば、

友達、『We are having a party next week. Would you come?』

あなた『Do you mean Takeshi’s farewell party? 』

友達 『No, not that party.』

この例文では、友達がパーティーに誘って来たのですが、なんのパーティーかわからず、『それって。。。?』という風に質問しています。

 

言葉の意味が分からない時は

『what does that mean?』でオッケーです。知らない単語やスラングの意味を聞くときに使えます。

これが基本的なmeanの使い方です。他にも『mean by~』で『~ってどういうこと?』って言う風にも聞くことができます。

 

勘違いされたとき

言葉やフレーズのニュアンスがわからずに、相手に失礼だと思われたり、変な意味にとられたりする時、

No, no, I didn’t mean that. Sorry.

というとこでそんなつもりじゃないよ、ごめんと伝えることができます。

 

意地悪!

mean他の意味は『意地悪』です。アメリカでよく使われ、例えば

意地が悪かったり、嫌みな人を見たら

『He or she is mean.』と言ったら

彼または彼女って意地悪ねと言う意味になります。

『Why he or she is mean to me?』で、『なんで彼または彼女はなんで僕にそんな意地悪なんだ?』という感じになります。

 

まとめ

meanを使うことでわからないことをきくことができます。そうすることで会話の中でわからないことがあったときもあんしんして対処することができます。友達と話していてわからない単語や表現があったらどんどんきいていきましょう。そうすることでたくさんの新しいことを吸収できます!

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。