【おすすめ第二外国語】英語以外で学ぶべき第二外国語言語7選:経済的な面で比較してみた

英語以外で学んでおくと役立つ言語

Most Useful Languages to Learn

はじめに

この記事は英語に以外で役立つ言語を学びたいと思っている人に役に立つと思います。すべての言語はとてもよく役に立つのですが、それぞれの言語を学ぶ理由はたくさんあります。

判断基準

便利な言語としての判断基準は主に2つです。

世界全体でその言語を話す人の数
• 政治と経済への関係度

Ethnologist” by M. Paul Lewis, という本によると世界で最も第一言語として話されている言語は中国語、スペイン語、英語、アラビア語、ヒンドゥー語、ベンガル語、ポルトガル語、ロシア語、日本語、ドイツ語です。

2つ目の理由にについてはU.S. Census というサイトからアメリカが提携している会社と国(パートナー)などをまとめたので、その結果から判断しました。

英語ネイティブが習う、役に立つ言語7つの紹介です。

最も役立つ7つの言語:

most useful languages

スペイン語は英語の次に世界で最も話されている言語です。ネイティブスピーカーは400百万人ほどで、44カ国にわたり話されています。

ビジネルや仕事のために言語を学ぶならスペイン語はスペインラテンアメリカの国々で役に立ちます。スペイン語を話す人の大さと、国の数を考えれば就職で有利になることは間違いはありません。

スペイン語は習得が簡単な言語だと言われています。例えばスペイン語は基本的に書かれているまま読めば良いので、発音記号を見る必要がありません。しかし、例外的な単語の活用はフランス語より複雑とされています。ビジネスで本格的にスペイン語を使おうと考えているなら、ネイティブスピーカーと対等に勝負できる様なレベルを身につけておく必要があることが大切です。

お金の面で…スペイン語を学ぶと年収が上がる確率はかなりあります。ヨーロッパやアメリカ、では英語の次に最も話されています。それと、スペイン語は4つの大陸で公用語として話されています。話している人が多いだけにビジネスではかなり有利になります。

セルヒオ
スペイン関連記事
Seven of the Most Useful Languages

フランス語は世界で290百万人に話されていて、カナダはアメリカの大切な貿易パートナーです。フランス語は世界の公用語と行って良いほどになりました。フランス、カナダ、スイス、モナコ、ルクセンブルグ、セネガル、ハイチ、ベルギー、トーゴ、マリなど29の国で話されています。

薬学, コミュニケーション伝達、, 航空学,エネルギー生産などエリアで世界をリードしています。  アフリカなどの貧しい国の発展を担っている企業にはフランス語は必須です。西アフリカ、中央アフリカ、東アフリアなどではフランス語は公用語として話されています。フランス語が話せるとコンサルタントやNPOなどたくさんの仕事に就くことができます。フランス語はNATOと国際連合やレッドクロスのオフィシャルランゲージです。

お金の面で…フランス語は英語の次に最も学ばれている言語です。フランス語が喋れるとカナダ、ベルギー、スイスなどでの仕事に就くことができます。



most useful languages

中国は最近大きな成長をみせています。(全人口の36パーセントは中国かインドに住んでいます。)イギリスやアメリカへの輸出が多く、重要なパートナーとなっています。これらの理由で中国語はとても役に立つ言語です。もし、国際ビジネスや銀行で働きたいなら、中国語を学ぶことは近道の一つです。中国語は12種類あるといわれていてマンダリン(日本で言う中国語)は約845百万人に話されています。ビジネスをする際に、中国語を世界の中でもかなり役に立つ言語です。中国語をマスターした人の大半は国際的なビジネスではかなり有利になります

中国語は世界的にはとても習得しにくい言語と言われています。文法は簡単なのですが、発音が特に難しいです。

お金の面で…もし、ビジネス業界に興味があるなら中国語を学ぶことでたくさんの機会を得ることができます。

most useful languagesドイツの経済は安定して上昇しています。大きな経済たいこくとして 成長しています。アメリカのトップ10ビジネスパートナー国に入っていて、ドイツ語はスイスオーストリアの公用語です。ドイツ語は90百万人のネイティブスピーカーによって話されています。

しかし、ドイツ語学習者はドイツ語を習得するのは簡単ではないとよく言います。数年勉強してもやる気や興味がなく、話せるレベルまで行かずに、やめしまう人もいるそうです。なのでドイツ語を学びたいと思っているのなら時間のある時に集中して勉強して、会話ができるレベルまでドイツ語レベルを上げることをおすすめします。

お金の面で…ドイツ語が話せると何百万も年収を上げることが可能だというデータもあります。他の言語よりたくさんお金を稼ぐことのできる言語と言っても過言ではありません。



 

most useful languages

中国が台頭してしてきている現在でも、日本の経済力の大きさは健在です。日本語は122百万人の人に話されていています。

日本語を学ぶことは車業界で働くことには非常に役立つ言語というのは有名かもしれません。Forbes(世界で有名な経済誌)によると日本にはたくさんの世界規模の会社があるとされています。例えば三菱、KDDI、ソフトバンク、NTTなど…。

観光業でも日本は有名です。観光業に就職したいのであれば、日本語は大きな武器になります。

お金の面で…日本はアジアや環太平洋地域で大きな役割を果たしており、さらに重要なアメリカの取引国です。日本語を学ぶことで経済的に大きなアドバンテージが得られるでしょう。

most useful languages

アラビア語は世界で300万人以上57カ国の人々に第一言語としてはなされています。アラビア語が話されている国々は先進国に取ってはとても大切な取引先です。(オイルなど)近年、先進国はアラビア語が堪能な人材の確保を必要としています。アラビア語は国々で共通する部分があるのですが、それにも増してたくさんの方言や地方独特の言い回しなどがあるります。例えばモロッコ人は必ずしもレバノン人が話すアラビア語を理解できるとは限りません。エジプトのアラビア語は最も共通する部分が多くユニバーサルなアラビア語と言えるでしょう。アラビア語はアメリカでは世界で最も習得するのが難しい言語と言われています。(他にも韓国語、日本語、中国語、モンゴル語などがあります。)

アラビア語を勉強する際にはそれなりのモチベーションが必要となります。アラビア語が喋れると軍事関係の仕事でメリットがあることがあります。他にもジャーナリズムや観光などの職に就く際はプラスとされています。

お金の面で…アラビア地方は世界で最も豊かな場所とされています。GDPも高く、アラビア語を習得するとこの五年で120%もの成長を見せている、中東経済に入っていけることができます。



most useful languages

Wikipediaによるとポルトガル語は世界で5番目に話されている言語です。(推定)ポルトガル語はポルトガルだけではなく、経済成長を遂げているブラジルでも話されています。他にもアンゴラなどのアフリカの一部の国でも話されています。

ブラジルの経済制成長は近年とても顕著で、アメリカとヨーロッパの国々との経済的な関係も強くなっています。鉱石やコーヒーなどの輸出量が多いです。スペイン語の需要が高まっている中、ポルトガル語もそれと負けじというくらいにその重要性を高めています。大学でビジネス、マネジメントや建築を教えている教授などにはポルトガル語は学ぶべき言語と言えるでしょう。

お金の面で…スペイン語よりは需要は低いものの、ポルトガル語がブラジルの公用語なので需要は高まりつつあります。

まとめ

基本的に働きたい国が決まっていればその国の言葉を学ぶのが一番良い方法なので、あまり深くは考える必要はありません。下の表は最も話されている言語をまとめたものです。(第一言語として)



最も話されている10つの言語

  1. 中国語(マンダリン) :中国 シンガポール 台湾
  2. 英語 : アメリカ イギリス オーストラリア カナダ ニュージーランド インド アフリカの一部の国
  3. スペイン語 : スペイン ラテンアメリカ
  4. ヒンディー語 : インド パキスタン
  5. フランス語 : フランス カナダ ベルギー ルクセンブルグ スイス アフリカの一部の国
  6. ロシア語 : ロシア
  7. インドネシア語 : インドネシア マレーシア シンガポール ブルネイ
  8. アラビア語 : 北アフリカ 中東
  9. ポルトガル語 : ブラジル ポルトガル アンゴラ モザンビーク ギニアビサウ
  10. ベンガル語 : バングラディシュ インド

 

 

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す