【海外で人気!!】Netflixt・Huluで絶対に見逃せない大人気海外ドラマ20選 2017

最近はドラマをレンタルしてみるというよりはインターネット上の配信サービスを利用することが多いですよね。例えばHuluやNetflix。しかし、たくさんあるからどれをみていいか分からないなんて人もいるのではないでしょうか??  絶対に見逃せないオススメ海外ドラマ20選をまとめてみました。

絶対に見逃せない海外ドラマ

西暦2517年、地球滅亡の後、人類は銀河に広がり新たな惑星に移住していたが、惑星間では貧富の差が広がり、”コア”と呼ばれる中央の惑星は同盟を組んで、反対する独立派を戦争で破って、全惑星を支配下においていた。独立派の元軍曹である、マルコム・レイノルズ(通称マル)は今でも同盟に抵抗する物好きの一人で、セレニティー号の船長である。セレニティー号はファイヤーフライ級の宇宙貨物船。乗員は戦闘員が二人(ゾーイとジェイン)、操縦士(ウォッシュ)、整備士(ケイリー)、牧師とコンパニオン、さらには同盟に追われる兄妹の、8人が乗っている。彼らは寂れた辺境惑星を行き来する宇宙の便利屋で、密輸や強盗、難破船の回収、暗殺など、あらゆる仕事を引き受け、方々でトラブルを起こし、同盟の保安官に追われることもある。辺境宇宙には、野生化した人食い人類リーヴァーが彷徨い、西部開拓時代さながらの無法地帯である。

『アンブレイカブル・キミー・シュミット』(Unbreakable Kimmy Scmidit)は2015年3月6日からネットフリックスで配信されたアメリカ合衆国のシットコムである。カルト宗教によって3人の女性と共にインディアナ州の地下に15年幽閉された後に解放された、29才の女性キミー・シュミットを主人公とする。犠牲者と見られることを嫌がり、楽観的な態度だけを取り柄として、キミーはニューヨーク市で新生活を始める。

ブレイキング・バッドの6年前、本名のジミー・マッギルで活動していた貧乏弁護士ソウル・グッドマンと、フィラデルフィアの警官を引退しアルバカーキに移ったマイク・エルマントラウトが主要な登場人物となる。ブレイキング・バッドに登場したトゥコやヘクターなどの人物が絡み、ジミーとマイクの背景が描かれる。

『ザ・ホワイトハウス』(The West Wing)は、アメリカの放送局NBCで1999年から2006年にかけて放送されたドラマで、ホワイトハウスを舞台に大統領とその側近達を中心に描いた政治ドラマである。

コネチカット州の田舎町であるスターズ・ホローを舞台に、16歳で娘を出産した母親とその娘と祖母を中心としたハートフル・ファミリードラマ。アメリカではThe WB(放送局合併のため、のちにCWテレビジョンネットワーク)により、2000年10月5日から2007年5月15日まで放送。日本ではLaLa TV(2007年5月27日から)とDlifeで放送されていた。2016年7月現在、日本ではネットフリックスがシーズン1からシーズン7(ファイナル)までを日本語吹き替え、日本語字幕、英語字幕でネット配信している。

FBIの捜査官フォックス・モルダーは組織内でもとびきりの「変人」として名高い。自他共に認めるオカルト信者かつ陰謀論者というモルダーだが、そうした一方で数々の難事件を解決してきたキャリアを持つ。彼は事実上一人でX-ファイル課という閑職部門を担当していた。そんなモルダーのもとにダナ・スカリーという組織内でもとびきりの才媛が送り込まれる。常識的かつ良識的な彼女は優秀な医師でもあり、「自分の目で見た事象しか信じない」、「噂やヨタ話の類いは一顧だにしない」という現実主義者。スカリーはモルダーが幼少期に起きた「妹の失踪事件」という過去のトラウマを引き摺り続ける幼稚な男として軽蔑と懐疑の視線を向ける。こうしてちぐはぐなコンビを組むことになった二人は事件捜査の過程で「人智を超えた」としか表現しがたい事象に数多く遭遇する。スカリーは自身のアイデンティティーを揺さぶられ、また随所で発揮するモルダーのプロファイリング能力と優れた洞察力に認識を改める。共に事件に遭遇することで二人は信頼関係を醸成していく。そんなとき、二人の前に内部告発者(ディープ・スロート)が現れる。彼は米国政府が極秘裏に異星人を捕獲し、殺害した事実を伝えるが、ほどなくしてモルダーを庇い死亡する。彼の死に関わる謎の男キャンサーマンはやがて二人の宿敵として立ち塞がる。それは後に続く様々な出来事のほんの序章に過ぎなかった・・・・。




舞台はニューヨーク、マンハッタン5番街に位置するロックフェラープラザ30番(30 Rockefeller Plaza)にスタジオを持つテレビ局。架空のテレビ番組の制作舞台裏の日常を放送作家のリズ・レモンを中心に描く。アメリカ情勢・同性愛・人種問題等の社会風刺やブラックユーモア、アメリカテレビ業界ネタなどが多く盛り込まれているのが特徴。

「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックの実写作品を同一の世界観で扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズに属する作品であり、様々な映画作品と世界観を共有している。
昼間は弁護士として活動するマット・マードックは、少年時代に盲目と引き換えに得た超感覚を利用し、夜はデアデビルとなってアベンジャーズとチタウリの戦いの後、スラム街となってしまったニューヨークのヘルズ・キッチン近隣で犯罪者と戦う

制作はビル・ローレンスとTouchstone Televisionこと ABCスタジオ。 この番組はティーチング・ホスピタルであるセイクレッド・ハート医大付属病院のスタッフの生活を描いており、早口の会話やスラップスティック要素、主人公である医師J.D.の白昼夢などに多くみられる超現実主義的で的確な描写などが本編中に出てくる。タイトルのスクラブスは、手術着と、新しいことや経験したことのない物事を表すスラングをかけたものである。

ニューヨークの裕福な家庭で育ったお嬢様である主人公パイパー・チャップマンは、10年前に当時のレズビアンの恋人の麻薬取引を手伝った罪で投獄される。彼女と他の女囚人との生活を描いたヒューマンドラマである。




1960年代のニューヨーク、マディソン・アヴェニューにある大手広告代理店を舞台に、そこで働く者たちを描くドラマである。なお、タイトルである「マッドメン(Mad Men)」とは本作品の舞台であり、現在も大手広告代理店の本社が多いマディソン・アヴェニュー(Madison Avenue)の広告マンを指す造語である。
1960年代の当時の社会情勢や風俗を緻密に再現しており、現在の一般企業では社会通念上許される事のない、勤務中の社内での飲酒、喫煙や、セクシャル・ハラスメントまがいの発言や行為、そして人種差別などが大胆に描かれている[2]。また、BBDOやGREY groupなどの現存する大手広告代理店や、アメリカン航空やヒルトンなどの現存する企業(クライアント)の名前や実例が多く登場する。

自称・世界最高のスパイであるアーチャーは、最先端ガジェットと幸運の助けを借りて数々の任務を成功に導く。そんな彼の最大の敵はボスである自分の母親だった。

いわゆるジェネレーションX世代である「社会に出てもなかなか大人になれない」登場人物たちの、都会的なライフスタイル、友情や恋愛を、オフ・ビートなユーモアでコメディに仕立てあげている。
1994年9月22日にアメリカのNBCテレビで放送を開始して以来、瞬く間に世界に広がり、最もヒットしたシットコムの1つとなった。2004年5月6日にアメリカでシーズン10の最終回を迎え、このときのアメリカでの視聴者数は5250万人にものぼった

『アレステッド・ディベロプメント』(原題: Arrested Development)は、2003年から2006年までアメリカFOX局で放送されていたテレビドラマである。2013年に新シーズンがネットフリックスでの配信という形で放映された。家族経営の企業の社長である父親が不正会計で逮捕されてその資産を凍結されたのをきっかけに、変人ばかりの家族を養うために奮闘する次男とその息子を描いた1話30分のシチュエーション・コメディドラマ。製作総指揮はロン・ハワード、ナレーションもハワードが担当している。

舞台を21世紀のイギリスに置き換え、自称「コンサルタント探偵」であるシャーロック・ホームズがスマートフォンやインターネットといった最新機器を駆使して事件を解決する様を描く。各エピソードはドイルの原作を下敷きとしている。




2005年に全米公開された映画「プライド/栄光への絆」(ピーター・バーグ監督)を、NBCがテレビドラマ化。テキサス州の小さな町パンサーズを舞台に、アメフトに情熱を注ぐ高校生たちと、元スター選手のコーチによる交流を感動的に描く。作家スティーブン・キングが、2010年のテレビ番組ナンバーワンに選んだ傑作ドラマ。

『Louie』をクリエイトしているのは、人気スタンダップ・コメディアンのルイス・C・K。
彼はこのコメディで制作・脚本・演出・編集を手がけるのみならず、主演もこなしている。といっても、バツイチで二人の娘がいるNY在住のスタンダップ・コメディアンというメインキャラ(その名もルイ)の設定は、彼のリアルライフほぼそのままなので、要はC・Kがドラマの中で彼自身を演じているといっていい。それは、日頃なかなか口にできない本音の部分を、敢えてさらけだすことによって起こる笑いだ。時には観ているこちらも恥ずかしくなり、場合によっては痛みを伴うが、それと同時におさえきれない笑いがこみあげてくる。『Louie』が編み出すシチュエーションやセリフがあまりにリアルで、共感せずにはいられないのだ。

『ウォーキング・デッド』は、ゾンビによる世界の終末を迎えた後の物語であり、荒廃したアメリカ合衆国で安住の地を求めてウォーカーの集団から逃れつつ旅をする少人数のグループを描く。ウォーカーとはあらゆる生き物をむさぼり食う動く死人で、人間は脳が無事なまま死亡するとほぼ確実にウォーカーになってしまう。ウォーカーの群れ、事故、そして生存者による略奪など、敵意に満ちた世界で日々直面する試練にもめげず、グループが人間性を保とうと奮闘するジレンマが主に描かれる。シーズン1は主にアトランタ都市圏を舞台とするが、シーズン2からシーズン4は、ウォーカーから逃れてジョージア州北部地方に舞台を移す。シーズン5中盤からバージニア州リッチモンド、そしてワシントンD.C.へと舞台が変わる。
グループは、ゾンビが大発生する前はジョージア州の小さな町の保安官代理をしていたリック・グライムズが率いる。グループは、社会が崩壊した世界で、ウォーカーの恐怖、グループ内の力関係の変化、そして自らの生存だけを考える数少ない生き残りの人間たちに直面する。

1980年のミシガン州にある「ウィリアム・マッキンリー高校」を舞台に、リンジーとサムの姉弟を中心に、不良4人組“Freaks”と真面目3人組“Geeks”の日常を描いた作品。 全編に渡りザ・フー、ヴァン・ヘイレン、ラッシュ、スティクス、グレイトフル・デッド、ムーディー・ブルース、ビリー・ジョエルといった著名なミュージシャン達の楽曲が効果的に使われており、それ故にDVD(日本未発売)化の際は困難を極めた。

アメリカ南西部の田舎町……。主人公である高校の化学教師、ウォルター・ホワイトは、身重の妻スカイラーと脳性麻痺の長男フリンと暮らしていた。しかし、自身に肺がんが見つかったことから、ウォルターの運命は狂い始める。麻薬取締局に勤めている義弟のハンクから、「覚せい剤が儲かる」ことを聞いたウォルターは、死ぬ前に家族に財産を残すため、低所得者層向けの覚せい剤である「メタンフェタミン」(通称メス)の密造することを決意する。
堅気のウォルターは、メスの闇ルートに通じているかつての教え子ジェシー・ピンクマンと製造密売を始める。闇マーケットは社会の縮図のようでもあるが、同時に不条理な関係とタイミングに左右される世界で、馬鹿にならない経費と予想外の苦労が続くものの、なかなか目的は達せられない。自身のガンも進み、治療費もかさんでいく。
ウォルターとジェシーは、メス作成を本格化させていき、純度99.1%の「ブルーメス」の開発に成功するが、それにより彼らが想像もしなかった数々のトラブルに巻き込まれる。家族を守るために始めたウォルターであったが、誰にも真実を話すことが出来ず、徐々に家族との絆を失っていき、ウォルター自身も変貌してゆく。

最後に

どうでしたか?見てみたくなってものはありますか? Huluの方が海外ドラマが多かったのですが、最近はNetflixが逆転して来ました。それにオリジナルのドラマの質が高いのはネットフリックスです。基本的に上記の海外ドラマはNetflixに全て載っているので見たい方はNetFlixに登録お願いします!!

The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す