いろいろあったからホームステイの体験談をサクッと紹介します:オーストラリア

1度目はオーストラリアのブリスベンです。オーストラリア第三の都市と呼ばれなかなか過ごしやすい場所でした。

これは1ヶ月くらいの旅行でした。家は一戸建てで他にもハウスメイトが6人くらいいました。結構多い…ってか多すぎ!ホストマザーはシングルマザーでほとんど家にはいませんでした。なのでホームステイというよりシャアハウス。

中国、ロシア、日本、エクアドル、スイス(ルームメイト)と僕が一つ屋根の下に暮らしていました。

ホストマザーは選択やハウスクリーニングの手配などをしてくれました。夜帰ってきて疲れてすぐ部屋に行ってしまうのであまり交流はなかったです。

ホストマザーは毎日夜ご飯は作ってくれました。しかし、お世辞にもあまり美味しいとは言えず….

img_3112

これはソーセージです。味付けは薄くてよくわからなかったです笑。いったい何味だったんだ笑

基本的に朝は家にあるシリアルやトーストを食べて昼ご飯は外で食べていました。(結構サブウェイ食べてた。)  これで600円くらい…安い!

img_3165

早速買い物へ

家にあるシリアルがあんまり美味しくなかったので….適当に食べ物を買いにいきました。といってもお菓子ばっかりです….笑

img_3145

部屋はまあまあ満足

部屋は2人でシャアしていました。実際ほどんど部屋にはいなかったので、あんまり広さとかはどうでも良かったです。こんな感じのベットが部屋の反対側にもう一つあります。広さは6帖くらいでした。(散らかっててすいません)

img_3083

実際はほとんどリビングで過ごした

夕食後はぐだぐだ

部屋は広くないし特にすることもないので、夕食が終わってほとんどはハウスメイトと喋っていました。

img_3163

こんな感じにまあぐだぐだ喋ったり、夕食後はゆっくり過ごしていました。ホストマザーがいなくてもこうやって友達のように話せるハウスメイトがいたので退屈しませんでした。一緒にスーパーに買い物に行ったり一緒にどっかに行ったりもしました。

ちょっとまとめると…

  • 洗濯・ご飯はホストマザーがしてくれる
  • 朝・昼食は自分で
  • 部屋は2人
  • 基本的に門限とかなし
  • ハウスメイトが多い
  • たのしい

です。

 

高校留学をするためにアデレードに行きそこで2回ホームステイ先を変えました。というより変わってしまったって言った方がいいのかもしれません。

最初のホームステイをしたところはど田舎の学校。特に選んだとかではないけど田舎の学校に行ってしまった。

ホームステイ先に着くや否や僕は驚愕しました。家がでかい!!

日本でこの大きさの家を見ることはそうそうないだろう(特に東京では..)普通の家が2つくっついたくらいの大きさをしていていたし、それとガレージが3つ!車とボートをしまうガレージと、仕事用具をしまうガレージ(農業のトラックなど)が2つありました。敷地も農業をやっているだけあって広い…

img_5482img_5392img_5401

とても乾燥していて緑というよりも砂漠ですが、家の前の芝生だけには水をあげていました。周りは乾燥しているのここだけ緑に輝いてすごい不自然に感じたのを覚えています。笑

ここではたまに農業を手伝ったり車を使って羊を追ったりと、ちょうど田舎生活を満喫しました。しかし、周りに何もなく友達の家も遠かったので結構つまんなかったです笑。東京育ちの僕には結構辛い時期になってしまいました。
最後に
今回のステイは一応人様の家にホームステイしたのですが、実際に家族との関わりはほとんどなかったのでシャアハウスですね。一つ気になるとすればロケーション。駅まで歩いて15分くらいなのですが、駅が都心から少し遠かったのでその駅からさらに時間がかかりました。それ以外はほとんどパーフェクトでした。そんなに長い期間いなかったので、実際ほとんど嫌なところは見つかりませんでした。

今回の記事は今ホームステイを考えている人のためには…あんまり役にたたなかったかもしれません。ごめんなさい。けど、唯一言えるとしたら、ハウスメイトかルームメイトがいると楽しいです。(実際これはいい人に巡り会えるか運だけど….)

 

 

 

 

コメントを残す