【使える英語表現】It’s just a…の使い方

It’s just aは結構実用的で、この表現で謙遜や相手に気を使わせないように、『こんなの、、だから、、』ということもできます。humble2

 

 

今日の英会話表現は、

~にすぎませんが…

です。

これを英語では、

It’s just a~

で表現します。

「どんな時に使うのか?」

これは、自分の考えを安心して伝える時に使えます。

これは、Just のニュアンスが、

・まだまだ
・ほんの
・~に過ぎない
・仮に

という意味を含んでいるからですね。

▼使い方、例文を見てみる:

It’s just a thought.
ただの考えですが。

It’s just an estimate.
見積もりに過ぎないのですが。

It’s just an idea.
ただの一案ですが。

They will accept, but It’s just a guess.
きっと受けてくれると思います。まぁ、推測だけど。

こんな具合で、

相手の思い込みを防ぎながら、会話の出だしや、
前置きとしての表現としてかなり使えますね!



プレゼンや複数での会話などではよく使うし、
使われる前置き言葉ですので、

簡単だと甘く見ないで、是非、もう一度、
使う、使えるようにするための復習をして
下さいね!

It’s just a thought but,

のように、

「ちょっとした考えなんだけど、」

という具合で、表現や、

転んだ時にも、

It’s just a scratch, I’m fine.

『かすり傷だから大丈夫だよ。』

なんて言うこともできます。

いろいろ使い回して、あなたなりの意見、思考を表現して見て欲しいと思います。

おすすめの日常英語表現の本はこれだ!!

僕は実際にオーストラリアに留学した時に買っておいて良かったと思いました。朝起きてから家に帰って寝るまでの英語表現が収録されています。CDも付いていてより効果的に表現を覚えて、実際に使うことを考えて作られている本です。






The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。