本で楽しく英語を学ぼう!初心者におすすめ 素晴らしい洋書9選

本を読むのは楽しく英語のボキャブラリーや表現を増やすということではとても良い方法です。たくさんの表現やイディオムが出てくる本はあなたを一気に英語の世界へ近づけてくれます。最高の物語を読みながら英語を学べます。

しかし、いきなり英語で本を読むというのはそう簡単なものではありません。

もっと簡単な短編集などがいい!という入門者の方はこちら↓

初心者におすすめの楽しく英語が学べる本 9選

1.The Wind in the Willows – Kenneth Grahame

イギリスの昔ながらの物語で川の近くに住む一匹のネズミのお話です。著者グラハムのシンプルな英語と共に書かれた本で大人も子供も楽しめます。

2. Lord of the Flies – William Golding

世界中の学校で使われている本です。砂漠の島に取り残されて少年達がそこで”社会”を作りそれを基盤に生活をしていきます。著者ゴールディングはたくさん形容詞を使い、詩のようなテイストに仕上がっています。あたかも自分が本の世界の中にいるような気持ちにさせてくれます。

3. The Old Man and the Sea – Ernest Hemingway

著者アーネスト・ハミングウェイは彼のストレートで分かりやすい文章の構成とストーリーで知られています。英語を学んでいる人からしたらとても助かりますよね。この本はキューバの漁師と大きなカジキとの戦いを描いています。ヘミングウェイの著書の入り口としてはぴったりの本です。



4. Animal Farm – George Orwell

この短い小説は動物達が人間に対して反乱を起こす物語です。そしてこれはスターリン時代の旧ソビエト連邦を皮肉った作品です。オーウェルは簡単な英語を使っています。動物達は短く簡単な言葉を話します。

5. Tuesdays with Morrie – Mitch Albom

ミッチ・アルボムが彼の元教授のモリー・スチュワートから学んだたくさんの人生の教訓や知恵を描いた本です。この本ではより会話的な英語を学ぶことができます。声に出して読むのも良い本です。

6. High Fidelity – Nick Hornby

音楽好きには絶対に読んで欲しい本!カジュアルな英語とメインキャラクターのロブ目線で書かれています。ロブは北ロンドンに住んでいるレコードショップのオーナーです。キャラクターの間で交わされる面白い会話がこの物語を進めていきます。



7. The Giver – Lois Lowry

ローリーは短い文章とシンプルな文法を使っています。ジョナスと呼ばれる男の子の話して彼の周りでは個性や自由、選択が存在しません。序盤から読者の注目を引くストーリーに注目です。

8. Fantastic Mr Fox – Roald Dahl

ロアルド・ダールは素晴らしい著者であり大人も子供も魅了します。子供向けの本から読み進めていくことがオススメです。

9. The Curious Incident of the Dog in the Night-Time – Mark Haddon

これはクリストファーという自閉症を持った男の子のお話です。彼は近所の犬が殺され、それを調査し始めます。このお話はクリストファー視点で描かれていて彼が見たものなどが分かりやすく、はっきりと書かれています。あなたを未知の冒険へ連れて行ってくれることでしょう。



Credit : Pearson

読書を通じて英語を楽しく学びましょう!インテリアとしても使えるかもしれませんね。書店などでも探せますが、種類が限られてしまうためネットでおすすめの洋書を調べてから行くことをおすすめします!

The following two tabs change content below.
チップス

チップス

チップス19歳。高校留学を経て4年生海外大学へ進学が決定。 好きなものは、サッカー、テニス、カラオケ、タイフード、fruit loops。とにかく何か新しいことに挑戦してい毎日です。 主にこのサイトの主な管理者です。

コメントを残す