【保存版】僕がおすすめする留学いくならやっておきたい英語教材を紹介

どうもチップスです。今回は留学行くならやっておきたい英語教材紹介をします。学校で習う英語とは別に留学をするとなると学ばなけらいけないことがあります。それは、会話表現と名詞です。例えばほうれん草を英語でなんというか知っていますか?

学校の教科書には出てくることは少ないと思いますが、実際に海外に行くとこういう日本人がカバーしていない単語がたくさん出てきます。『目覚ましをセットする』『寝坊する』『頭痛がする』などなど日本人が学校で習わないけど知っておく必要がある表現は山ほどあります。今回は僕が実際に留学に行く前に英語の日常表現を学ぶために使った教材を紹介します。

Stack of books

これはおすすめです。『これって旅行のための本でしょ?』って思うかもしれませんが、これは一番おすすめの教材です。まず、めちゃくちゃ実用的な単語が載ってます。それもシチュエーション別に分けられているのでとても見やすいです。一通り表現を見たら準備は完了です。この本の一番後ろに付いている単語帳は日常単語を学ぶには最高です。うるう年、洋服店、相部屋、金庫、名刺などいろいろ実用的な表現かつ学校では学べない単語がたくさん載っています!

これは絵が付いていてとてもわかりやすい1冊です。これだけは覚えておけ!という超実用的な英語表現を厳選して載せています。時間がなくて1冊は無理という人でもこの本なら必要なもののみ載せているので簡単に覚えることができます。かなり力が付くと思います。ホストファミリーとする会話や友達や先生とする会話の基礎を養ってくれます。



留学中さらに上の英語を学ぶならこちら!一つ上の英語を学ぶには文法を習得するのが必要不可欠です。これがなくても英語が学べます。が!文法をやっていないと所詮はブロークンイングリシュ(文法はめちゃくちゃだけどかろうじて通じる英語)止まりになってしまいます。ブロークンイングリッシュだと留学先の教科書を読むのにも苦労します。この本は文法を学びながら書いて覚えることができるので、効果的です。

これよりちょっとレベルは落ちるのですがこちらの本はより簡潔に簡単に説明してくれるのでこちらもおすすめです!

留学に行くなら英検準一級くらいの英単語は覚えてくことが理想です。本書は分かりやすく見やすいレイアウトと説明、それにCDがついています。かなり人気なだけありなかなかの出来映えです。これをやって留学に行くのとやらないのでは雲泥の差がでます。サイズも小さいので留学先に持っていってもいいかもしれませんね

これはアメリカの小学生がする勉強をすることを体験することができます。『アメリカの小学生はこんなことを勉強しているのか』と結構ためになります。それと、高校留学をする場合にも小学生が学んでいることは勉強のヒントになります。左ページに英語、右ページに日本語が書いてあるので、英語が苦手という人は日本語を読んでから英語を読んでもいいかもしれません。宗教や歴史、文学の授業内容を体験することができ人としての教養もかなり広がります

実はこれには歴史編もあり、イラスト付きでアメリカの歴史を効率よく学べます。アメリカマスターになっちゃいましょう!




最後に

僕がやった本はほかにもあるのですが、あまりたくさん紹介してもなにを買って良いか分からなくなると思ったので、今回はその中でも良いものを厳選して紹介しました。留学というのはただ英語を使うだけではなく、吸収することが必要です。ここに紹介している本を買って後悔することはないと思います。僕はそれだけこれらの本に助けられたので、皆さんに自信を持って紹介することができます

留学にいこうと考えているみなさん。ぜひこれらの本をやって留学に行く準備をばっちりやりましょう!

 

 

The following two tabs change content below.
チップス

チップス

チップス19歳。高校留学を経て4年生海外大学へ進学が決定。 好きなものは、サッカー、テニス、カラオケ、タイフード、fruit loops。とにかく何か新しいことに挑戦してい毎日です。 主にこのサイトの主な管理者です。

コメントを残す