【留学希望者必見】あなたがどの国に留学すべきかが分かる:留学先の国メリット デメリット比較してみた

英語を勉強するにはどの国が一番良いか!?

語学学校を探す時にまずはどの国が一番自分に合っているかを調べる必要があります。自分に取って一番良い国とはなにを優先するかによって異なります。特定の国がすでに好きな人もいるでしょう(イギリスとか)。費用が安い留学先に行きたい人もいるかもしれません。英語をスタンダードに喋る国は、イギリスアイルランドアメリカカナダオーストラリアニュージーランド南アフリカと第二言語として話されている国にはマルタなどがあります。

留学先を考えるときの手順は様々あります。自分の国にある程度違い留学先にするのか、それとも遠い国へいくのか。留学先で旅行をしたいか、自分の国の留学生と勉強がしたいか、仕事をしながら留学したいか。など様々です。

もしアイルランド、イギリス、カナダやアメリカ東部を選んだら、冬のとてつもない寒さに対処しなければ行けません。
オーストラリアを選べばとても暑い夏を経験するでしょう。アイルランドかイギリスを選べばどっちの国も近いので旅行には最適です。

どの国にもメリットとデメリットが存在します。
今回は各留学先のメリットとデメリットを紹介します。

 

edinburgh_2

メリット

イギリスは最も長く英語を教えている国で、たくさんの学校があります。街や様々な場所が密集しているので旅行や探検には最適です。しかし、電車やバスの料金が少し高いです。ロンドンはその中でも一番生活費が高く、授業料も高いです。ロンドンからは慣れると生活費や授業料は安くなるし、人々もフレンドリーです。スコットランドはとても受け入れが寛容なことで有名です。英語の授業も様々なコースがあり、歴史的な建造物も見ることができます。イギリスに留学すれば飽きることはないでしょう。
デメリット

他の国よりも費用がかさみます。気温は低く湿っています。ちょっと離れるだけでもアクセントが違うこともよくあります。留学で有名な国ですが、働くとしたら生徒同士の競争も激しいです。25パーセントの英語学校は生徒がビザで働けるように作られた学校とも言われていて授業の質はあまりよくありあません。

dublin-ireland-tourism-1680x1050

メリット

アイルランドはフレンドリーな国民の国として知られています。友達も簡単に出来るでしょう。アイルランドのホームステイの家族はとても評判がいいです。費用はイギリスよりも安いです、アイルランドで喋られている英語は少し訛りはありますが、スタンダードな英語(イギリス英語)に似ています。アイルランドに留学をすれば、ヨーロッパへも格安で旅行することがでいます。

デメリット

気温はとても寒くて湿気ています。ほとんどの生徒は結構早く気候には馴染みます。しかし、天気がいい日が少ないのであまり期待はしない方が良いかもしれません。



Sydney Opera House and Ferry

メリット

気候もよく国民はフレンドリーでゆっくりした雰囲気です。ライフスタイルはとてもアウトドアです。公園やビーチもたくさんあります。ホームステイの家は基本的に大きくアイルランドやイギリスよりも過ごしやすいと言えるかもしれません。

デメリット

もし、オーストラリアを周るような旅行をすると街がとても離れているのでとても費用がかさみます。夏はとても暑く40度を超えるような街もあります。

5-things-you-need-to-know-about-visiting-new-zealand

メリット

ニュージーランドはとても豊かな自然でよく知られていて、たくさんのアウトドアアクティビティがあります。ホームステイの質も良いです。
デメリット
遠いです。羊がたくさんいて田舎に留学すると自然以外なにもありません。

New Zealand statistics office

arton2995

メリット

とても大きな国です。教育の質も高く600,000を超える学生が留学しています。アメリカの生活に対する色々なイメージがありますが、リアルなアメリカを見ることができます。留学生が多いので、多文化にも十分に触れることが出来ます。

デメリット

アメリカ人はたくさんスラングを使います。若い学生と時間を共に過ごす中でアメリカ人以外は理解できない様なスラングをたくさん覚えるでしょう。他の英語の国に比べて間違ったような文法がフレーズがたくさん存在します。
ビザを取得するためにたくさんの書類を用意する必要があります。出願や書類準備にはたくさんのお亀がかかります。学生は働くことができず、働けるとしても場所が厳しく限定されます。アメリカに行くと大抵の人が太ります。



victoria-canada-10


メリット

アメリカよりも費用がやすいです。カナダ人はアメリカ人より正しい英語で喋ることが多くスラングも少ないです。語学学校の質もよく、出願などのシンプルです。カナダからアメリカに旅行するのも簡単です。

デメリット
街が離れていて、冬はとても寒いです。

za-cpt-generic-cape-town-carousel

メリット

生活費が安いです。天気もよく英語も他の国と比べてゆっくり話されています。アフリカの文化も体験することができます。

デメリット

治安はあまりよくありません。問題もたくさんあり、暗くなってからは安全とは言えません。

malta-country

メリット

気候は良いです。小さい国なので、街や観光地などが近いです。ヨーロッパと比べ費用がやすく、ビザの取得が簡単な場合があります。

デメリット

英語が第一言語ではないので、仕事を見つけるのが難しいです。学校の設備も他の国と比べると良いとは言えません。



The following two tabs change content below.
nishibu

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

nishibu

オーストラリアの高校で3年を過ごし、大学へと進学。趣味は旅行と映画で、今までに行った国はイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、スペイン、韓国 etc。このサイトで実際に体験したことや、海外のホームページから翻訳して記事を書いています。